• HOME
  • >  おっちゃんの「課外学習」
文字サイズ
大
中
小

おっちゃんの「課外学習」

2008年10月14日

白線の論理と倫理 vol.7 Web調査:どうする、50代?

筆者:おっちゃんさて、いよいよ本題に近づく。喫煙所の「白線」の意識に突っ込む。
「喫煙所の白線内でルールを守って喫煙しても、近くを歩いている第三者が受動喫煙する可能性もある。」 このことへの感想を聞いた。

「責任を感じる」25.2%、「少し責任を感じる」41.7%。「ルールを守っているのだから、仕方がない」33%。男女でみると、「責任を感じる」人は、女性に多い(男性23.6%、女性35.7%)
また、「責任を感じる」人は、禁煙成功者は41.7%で、喫煙者に比べて圧倒的に高い。
禁煙成功者は、成功した故に、このような意識になるのか、このような意識だから、禁煙に踏み切るのか。興味がわいた。

喫煙者の白線に対する意識調査

ちなみに、「ルールを守って白線内で喫煙しているのだから、受動喫煙は仕方がない」のは、年代でみると、50代・60代が、他の世代に比べて非常に高い。50代66.7%、60代45.5%。まわりの禁煙圧力、自己の責任感をかいくぐり、もう、禁煙あきらめの心境に入って、いなおりの心境なのだろうか。
それとも、50代、60代は、喫煙が当たり前の世の中で育った。そもそも、こんなに、なぜ、こんなに急にうるさく言われるようになったのか、心の中で納得できない思いを抱いているのかも知れない。でも、当然口に出せることではない。

 タバコはどんどん値上げする。喫えない場所が、ドンドンひろがる。どこまで行くのか。タバコをいまさら止められない。まだ、人生も長い。50代が、一番追い詰められ感が深いのかもしれない。

(つづく)

おっちゃんの「課外学習」とは!?
気になることがあると、追求せざるを得ない性分のおっちゃん。
日々、せっせと勉強していることをここで発表します。
課外学習、いろいろ(カテゴリ)
白線の論理と倫理
インクから、光へ
バックナンバー
2008年10月
2008年9月
2008年8月
最近の投稿
白線の論理と倫理 vol.9 Web調査:目安としての白線
白線の論理と倫理 vol.8 Web調査:白線は、「善悪の境界線」
白線の論理と倫理 vol.7 Web調査:どうする、50代?
白線の論理と倫理 vol.6 Web調査:マナーを守る人90%
絵本『ボクも、川になって』
絵本『ボクも、川になって』
お求めはこちらへ
絵本『ボクは、なんにも ならない』
絵本『ボクは、 なんにも ならない』
お求めはこちらへ
FOOTRACK