文字サイズ
大
中
小

おっちゃんの「課外学習」

2008年9月30日

白線の論理と倫理 vol.4 筒井康隆の予言。

筆者:おっちゃん関川夏央さんの『家族の昭和』を読んでいると、驚くべきことを思い出した。
昭和60年頃、日本はバブル景気の前夜だった。好調な対米輸出により、貿易収支は10兆9000億円の黒字。財政赤字と貿易赤字の「双子の赤字」に悲鳴を上げるアメリカ・レーガン大統領から、中曽根首相は、「アメリカ製品を買え」と圧力をかけられる。

続きを読む

2008年9月24日

白線の論理と倫理 vol.3 「健康」が、そんなにエライのか?

筆者:おっちゃんおっちゃんは、団塊世代。ど真ん中です。戦後の貧しさや匂いは残っていましたが、焼け跡、闇市は知らない。開高健さんや久世光彦さんの少年時代に比べたら、世の中はかなり落ち着いてきていました。けれど、一回り年少の私が物心着いた頃、昭和30年代にも、同じような空気は残っていた。

続きを読む

2008年9月18日

白線の論理と倫理 vol.2 タバコは、「おとな」への寄り道?

筆者:おっちゃん誰だって、自分が生まれてくるとき、自分は与り知らない。
親の気まぐれか、神のご加護か、知らないけれど、とにかく、自分の意志とは関係ない。
しかし、大人になるとき、どんな大人になりたいか、なれるか、自分の意志が反映される。これが、やっかいだ。

続きを読む

2008年9月16日

白線の論理と倫理 vol.1 たばこと不良少年。

筆者:おっちゃんこれは、喫煙者の「引かれ者の小唄」です。
「白線の論理と倫理」やなんて、たいそうなタイトルつけましたが、白線とは、路上の喫煙所に引いてある「白線」のことです。ですから、たばこと白線の話や、と思ってください。
喫煙者の心情をちょっとは言いたくて(共感までしていただけるとは、思っていませんが)、白線への思いを書かせてもらいます。

続きを読む

2008年9月11日

ギャルゲーのために、フォントを作った男 vol.10

筆者:いぬ作り手が「自由」だった時代

「書道をするのにさ、山に入っていって、木を切ってきて、墨を作るところからまずはじめるっていうかさ。筆を作るんじゃなくて、墨汁を作るっていうところからはじめる。そんな感じで、ゲーム作りに必要な全部のツールは、自分で作ってた。オレはオレの使いたいツールを作ってたし、他の人は他の人なりに多分やってたんだと思う」

続きを読む

おっちゃんの「課外学習」とは!?
気になることがあると、追求せざるを得ない性分のおっちゃん。
日々、せっせと勉強していることをここで発表します。
課外学習、いろいろ(カテゴリ)
白線の論理と倫理
インクから、光へ
バックナンバー
2008年10月
2008年9月
2008年8月
最近の投稿
白線の論理と倫理 vol.4 筒井康隆の予言。
白線の論理と倫理 vol.3 「健康」が、そんなにエライのか?
白線の論理と倫理 vol.2 タバコは、「おとな」への寄り道?
白線の論理と倫理 vol.1 たばこと不良少年。
絵本『ボクも、川になって』
絵本『ボクも、川になって』
お求めはこちらへ
絵本『ボクは、なんにも ならない』
絵本『ボクは、 なんにも ならない』
お求めはこちらへ
FOOTRACK