• HOME
  • >  おっちゃんの「感想・鑑賞録」
文字サイズ
大
中
小

おっちゃんの「感想・鑑賞録」

2013年9月04日

『里山資本主義-日本経済は「安心の原理」で動く』藻谷 浩介/NHK広島取材班

筆者:おっちゃん里山資本主義こそ、障害者ビジネスの思想

どこまで、東京は大きくなるのだろうか。
横に伸びて、上に伸びて、次は地下に深くなって、
都市の容量を向上させ、
どんどん一極集中を進めていく。

一極集中は、エネルギー効率を高めるのだろうか。
エネルギーを大量に使用しても、
経済効率や競争力を高めるのだろうか。
きっと、後者が目的だろう。
グローバル経済に勝ち残らなければ、
いいか、もっと貧しくなるぞ、失業率が増えるぞ、と
国家に脅されている気がする。
なぜ、GNP世界三位の国民が、怯えなければならないのだろう。

いや、怯えることはない。
都市一辺倒ではない、
グローバル経済だけを基準にすることはない、
そんな一元的な設計こそ、社会を追い詰めるものだ、と、
主張する本が現れた。

それは、なんのことはない、里山の暮らしを見直すことだ。
時代から取り残されたと思っていた、
里山に新しい時代の光をあたった。

たとえば、岡山県真庭市。人口五万人。
面積の八割が山林。
過疎の地×製材...斜陽の掛け合わせのような会社が注目を集めている。
製材で出る「木くず」を使って、
「木質バイオマス発電」に取り組んだ。
工場で使用する電気一〇〇%バイオマス発電でまかなえる。
金額にして、年間一億円相当。
夜間の電力は売電して、年間五〇〇〇万円の収入
毎年四万トンも排出する木くずには、
いままで処理費が年間二億四〇〇〇万円かかったが、それも浮く。

いままで、足手まとい、
邪魔物、余計者、捨てるのに手間がかかったものが、
     『廃棄物じゃない、副産物だ』
この思想は、障害者施設そのものではないか、
それこそ、障害者施設こそ、本家ではないか、と思ったら、
やはり、広島県庄原市にいました。
社会福祉法人の理事長、熊原保さん。
     「福祉も過疎問題も同じなんですよ。あんまりいい言葉ではないけれど、
     ハンディのある人、地域。マイナスの多い人、地域。
     それを弱者とは、思ってないんです。
     実は、玉手箱のように光り輝くものがあると思っているんですね」
ディサービスに通っているお年寄りに、
家で育った野菜、果物を買い取りたい、と呼びかけた。
老夫婦暮らしで、どうせ捨てることの多かった野菜だから、
どうぞ、どうぞ、と一〇〇軒超える人から協力の声が返ってきた。
     初夏、職員が障害者を伴い、ワゴン車でお年寄りのお宅をまわり始めた。
     玄関を開け、用件を伝えると、仏頂面で現れたお年寄りが、みんな笑顔になる。
     畑に入って、一緒に大根を抜く。
野菜をもらって、逆に年寄りの「張り合い」を生んだ。

さらには、無料では申し訳ないと、
地域通貨を作り、それで代金として払う。
お年寄りは、その通貨で、
その施設が運営するレストランで友達とのランチを楽しむ。

お金の価値を否定するのではない。
しかし、お金だけで人生が回るものではない。
これからの社会は、両輪で動く。
そのジョイント部分に、障害者がいる。
いる方が滑らかる回る。

季刊誌『コトノネ』でも訴えていきたいテーマが見つかった。

おっちゃんの「感想・鑑賞録」とは!?
日がな一日、本に囲まれて生活をするおっちゃん。おっちゃんが読んだ本や、見た映画など、ジャンルを問わず紹介します。
感想・鑑賞録、いろいろ(カテゴリ)
書籍
演劇
音楽
その他
カテゴリを追加
バックナンバー
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
2011年2月
2011年1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年9月
2010年8月
2010年7月
2010年6月
2010年5月
2010年4月
2010年3月
2010年2月
2010年1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年9月
2009年8月
2009年7月
2009年6月
2009年5月
2009年4月
2009年3月
2009年2月
2009年1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年9月
2008年8月
最近の投稿
『里山資本主義-日本経済は「安心の原理」で動く』藻谷 浩介/NHK広島取材班
『あの夜、君が泣いたわけ-自閉症の子とともに生きて』野沢 和弘
『皮膚感覚と人間のこころ』傳田 光洋
『音をたずねて』三宮 麻由子
絵本『ボクも、川になって』
絵本『ボクも、川になって』
お求めはこちらへ
絵本『ボクは、なんにも ならない』
絵本『ボクは、 なんにも ならない』
お求めはこちらへ
FOOTRACK