文字サイズ
大
中
小

おっちゃんの「感想・鑑賞録」

2012年5月30日

『夜の果てまで』盛田 隆二

筆者:おっちゃんすばらしきかな、「脱青春小説」。

本の裏表紙の推奨文に「感動の恋愛小説」とあった。
愛の尊さを謳っているのなら、
わたしには、縁がないな、と思って読みだしたが、
読後感はまったく違った。

続きを読む

2012年5月23日

『免疫の反逆』ドナ・ジャクソン・ナカザワ

筆者:おっちゃん自己を見失った免疫組織。

「ただちに健康に影響はない」。
3.11後、なんど耳にしたことか。
すぐには、体に変調はない。
しかし、今後のことはわからない。
低線量など研究結果も何も、ないのだから。

続きを読む

2012年5月16日

『飯舘村は負けない‐土と人の未来のために』千葉 悦子/松野 光伸

筆者:おっちゃん何にも進んでいない。

去年三月一一日に、菅直人首相、一九時三分に原子力緊急事態宣言した。
一二日、一五時三六分、一号機で爆発。
十八日~二六日、IAEA(国際原子力機関)の調査では、
     飯舘村では一平方メートル当たり二〇〇万ベクレル
     (ヨウ素一三一とセシウム一三七)を検出した。
三月三〇日、IAEAは、
     「飯舘村の放射線レベルが避難基準の二倍に達した」とし、
     飯舘村を避難勧告の対象にするよう、日本政府に呼びかけた。
けれど、政府は動かなかった。

続きを読む

2012年5月09日

『動物たちのウンコロジー』 今泉 忠明

筆者:おっちゃん生き残るための便秘。

春を待ちかねて、わが家の犬を洗う。
「気持ちよくなったね」と言いながら、「ウソつけ」とも思う。
犬の方は、イヤなんだろうな、
自分の匂いを薄められて。
気持ちいいのは、飼い主だけじゃないか。
きっと、そうなんだ。

続きを読む

2012年5月02日

『動的平衡』 福岡 伸一

筆者:おっちゃん種の別れ。

友人に、今何を読んでいるの、と聞かれて
『動的平衡』と答えると、難しそうな本だね、と言われた。
そんなことないよ、と言いたかったけれど、
自分も十分理解している自信がないから、
モヤモヤと返事にならない返事になった。
ああ、せめて、でも、おもしろいんだよ、と言えばよかった。
たとえば、ね。

続きを読む

おっちゃんの「感想・鑑賞録」とは!?
日がな一日、本に囲まれて生活をするおっちゃん。おっちゃんが読んだ本や、見た映画など、ジャンルを問わず紹介します。
感想・鑑賞録、いろいろ(カテゴリ)
書籍
演劇
音楽
その他
カテゴリを追加
バックナンバー
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
2011年2月
2011年1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年9月
2010年8月
2010年7月
2010年6月
2010年5月
2010年4月
2010年3月
2010年2月
2010年1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年9月
2009年8月
2009年7月
2009年6月
2009年5月
2009年4月
2009年3月
2009年2月
2009年1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年9月
2008年8月
最近の投稿
『夜の果てまで』盛田 隆二
『免疫の反逆』ドナ・ジャクソン・ナカザワ
『飯舘村は負けない‐土と人の未来のために』千葉 悦子/松野 光伸
『動物たちのウンコロジー』 今泉 忠明
絵本『ボクも、川になって』
絵本『ボクも、川になって』
お求めはこちらへ
絵本『ボクは、なんにも ならない』
絵本『ボクは、 なんにも ならない』
お求めはこちらへ
FOOTRACK