文字サイズ
大
中
小

おっちゃんの「感想・鑑賞録」

2012年4月25日

『手鎖心中』 井上 ひさし

筆者:おっちゃん狂気こそが、救い。

『雪やこんこん』を観て、
改めて、井上ひさしの天才ぶりに驚嘆して、
積読だった『一週間』を読み、
その勢いで、『手鎖心中』に手が伸びました。

続きを読む

2012年4月18日

『河北新報のいちばん長い日』 河北新報社

筆者:おっちゃん地方ブロック紙の矜持。

河北新報は、仙台に本社があるブロック紙。
一八九七年創刊以来、休刊日以外は一日休まず新聞を発行している。
第二次世界大戦中も休まなかった。
紙齢は、昨年三月一一日で四一一二号。
その夜も、新潟新報の協力で号外を出した。

続きを読む

2012年4月11日

『聞く力』 阿川 佐和子

筆者:おっちゃんまずは、人への好奇心なんでしょうね。

またまた、帯に気をそそられて買いました。
「アガワ流『聞く心得』」
この心得がいいですね。
重くない。
うまくならなきゃ、核心をついた質問をしなきゃ、などの負担がない。
せめて、心がけましょうね、ぐらいのやさしさがある。

続きを読む

2012年4月04日

『裸のフクシマ』 たくき よしみつ

筆者:おっちゃんこどもを「モルモット」にするな。

著者は、福島第一原発から約25キロメートル離れた福島県川内村で暮らす。
2004年、中越地震で消滅した山古志村から引っ越してきた。
終の棲家と思って選んだ土地と家が、二度までも、大地震で被災した。
二度目は、原発事故にも見舞われた。
でも、住み続けたい、という思いが、本書には貫かれている。

続きを読む