文字サイズ
大
中
小

おっちゃんの「感想・鑑賞録」

2011年9月30日

『そんな日の雨傘に』ヴァルヘルム・ゲナツィーノ(訳・鈴木仁子)

筆者:おっちゃん「隠れ家」を探して。

小説を読まなくなった。
だから、めったなことでは、書店の小説コーナーには立ち寄らない。
けれど、この前、通りすがりの小説コーナーで、目に止まった本があった。
それが、この本『そんな日の雨傘に』
タイトルが引っかかる。
表紙ビジュアルも気にかかる。

続きを読む

2011年9月21日

『脳と魂』 養老 孟司 / 玄侑 宗久

筆者:おっちゃん「脳」は、おまけなのか。

東日本大地震があって、日常が変わりましたね。
電車に乗っていても、
「直下型の地震が来て、止まらないかな」と、ふと思う。

続きを読む

2011年9月14日

『昆虫 - 驚異の微小脳』水波 誠

筆者:おっちゃん則を越えず。

昆虫の脳は小さい。著者は、「微小脳」と名付けた。
その微小脳は、一立方ミリメートルにも満たない大きさ。
神経細胞(ニューロン)の数は、一〇〇万ほど。
ヒトの脳は、一〇〇〇億だから、ヒトの一〇万分の一ほどしかない。

続きを読む

2011年9月07日

『自然を生きる』玄侑 宗久 / 釈 徹宗

筆者:おっちゃん縁起に巻き込まれよ。

三月一一日の三週間前に、この対談は行われたという。
それも、福島県郡山の温泉で一泊して。
ふたりの僧侶が、世の中から仏教的精神を掬いだし、
新しい「縁起」に結びつける豊穣なる話。
まるで、大震災のあとでかわされた会話のように。

続きを読む

おっちゃんの「感想・鑑賞録」とは!?
日がな一日、本に囲まれて生活をするおっちゃん。おっちゃんが読んだ本や、見た映画など、ジャンルを問わず紹介します。
感想・鑑賞録、いろいろ(カテゴリ)
書籍
演劇
音楽
その他
カテゴリを追加
バックナンバー
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
2011年2月
2011年1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年9月
2010年8月
2010年7月
2010年6月
2010年5月
2010年4月
2010年3月
2010年2月
2010年1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年9月
2009年8月
2009年7月
2009年6月
2009年5月
2009年4月
2009年3月
2009年2月
2009年1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年9月
2008年8月
最近の投稿
『そんな日の雨傘に』ヴァルヘルム・ゲナツィーノ(訳・鈴木仁子)
『脳と魂』 養老 孟司 / 玄侑 宗久
『昆虫 - 驚異の微小脳』水波 誠
『自然を生きる』玄侑 宗久 / 釈 徹宗
絵本『ボクも、川になって』
絵本『ボクも、川になって』
お求めはこちらへ
絵本『ボクは、なんにも ならない』
絵本『ボクは、 なんにも ならない』
お求めはこちらへ
FOOTRACK