• HOME
  • >  おっちゃんの「感想・鑑賞録」
文字サイズ
大
中
小

おっちゃんの「感想・鑑賞録」

2010年11月15日

「わたしのすがた」 飴屋法水 (一回目)

筆者:いぬ建物が問いかける。

飴屋法水の作品「わたしのすがた」は、
「フェスティバル/トーキョー」という演劇フェスティバルの一演目でありながら、
劇場で行われるのではなく、俳優も出てこない作品です。

観客は、「にしすがも創造舎」を起点に、
西巣鴨の街中の4つの建物(廃屋)を巡る旅に出ることになります。
まだ会期中なので、詳しいことを書くのは避けたいと思いますが、
機会があればぜひ「体験」してみて欲しい作品ですのでご紹介します。
基本的には「人間の記憶と建物の記憶をめぐる」といったテーマになると思いますが、
以下に私の感じたことを断片的に記しておきます。

4つの建物が持つ「記憶」をたどりながら、観客が常に突きつけられるのは、
「で、おまえはどうなんだ」ということだ。
つまり建物は、そこに記された記憶は、鏡のように「わたしのすがた」を映しだす。
やってしまったことは、取り返しがつかない。壁の落書きは消えない。
大きいものも、小さいものも。いいことも、悪いことも。
それを「原罪」と呼ぶのだろうか。
そもそも、僕らが生まれて死ぬこと自体が取り返しのつかない現象だ。
生命現象は、不可逆な過程そのものだ。

私は、もう一度観たいと思います。
この続きは、もう一度観てから書きます。
いや、もしかしたら、全く違うことを書き始めるのかもしれませんが。

「わたしのすがた」は、11月28日まで、西巣鴨で上演中です。

 

紹介演劇データ

  • タイトル:「わたしのすがた」
  • 構成・演出:飴屋法水
  • 会場:にしすがも創造舎(受付)、
    巣鴨・西巣鴨周辺の4会場

    おっちゃんの「感想・鑑賞録」とは!?
    日がな一日、本に囲まれて生活をするおっちゃん。おっちゃんが読んだ本や、見た映画など、ジャンルを問わず紹介します。
    感想・鑑賞録、いろいろ(カテゴリ)
    書籍
    演劇
    音楽
    その他
    カテゴリを追加
    バックナンバー
    2013年9月
    2013年8月
    2013年7月
    2013年6月
    2013年5月
    2013年4月
    2013年3月
    2013年2月
    2013年1月
    2012年12月
    2012年11月
    2012年10月
    2012年9月
    2012年8月
    2012年7月
    2012年6月
    2012年5月
    2012年4月
    2012年3月
    2012年2月
    2012年1月
    2011年12月
    2011年11月
    2011年10月
    2011年9月
    2011年8月
    2011年7月
    2011年6月
    2011年5月
    2011年4月
    2011年3月
    2011年2月
    2011年1月
    2010年12月
    2010年11月
    2010年10月
    2010年9月
    2010年8月
    2010年7月
    2010年6月
    2010年5月
    2010年4月
    2010年3月
    2010年2月
    2010年1月
    2009年12月
    2009年11月
    2009年10月
    2009年9月
    2009年8月
    2009年7月
    2009年6月
    2009年5月
    2009年4月
    2009年3月
    2009年2月
    2009年1月
    2008年12月
    2008年11月
    2008年10月
    2008年9月
    2008年8月
    最近の投稿
    『里山資本主義-日本経済は「安心の原理」で動く』藻谷 浩介/NHK広島取材班
    『あの夜、君が泣いたわけ-自閉症の子とともに生きて』野沢 和弘
    『皮膚感覚と人間のこころ』傳田 光洋
    『音をたずねて』三宮 麻由子
    絵本『ボクも、川になって』
    絵本『ボクも、川になって』
    お求めはこちらへ
    絵本『ボクは、なんにも ならない』
    絵本『ボクは、 なんにも ならない』
    お求めはこちらへ
    FOOTRACK