• HOME
  • >  おっちゃんの「感想・鑑賞録」
文字サイズ
大
中
小

おっちゃんの「感想・鑑賞録」

2010年11月01日

「こうしておまえは消え去る」 ジゼル ・ ヴィエンヌ

筆者:いぬ森が消すもの、あらわにするもの。

半月ほど前、キャンプ場で野宿した。
テントは張らず、地面にマットを敷いて、寝袋だけで寝た。
夜は、実は結構明るい。

月の光が、曇り空に乱反射して、うっすら明るい。
寝転がると、頭上の木々と葉の輪郭が、ぼんやりと見える。
距離感が分からなくなる。
その一方で、耳は冴えてくる。遠くで犬が吠えているのが聞こえる。
時々通る車の音(細い道路に隣接したキャンプ場だった)。
落ち葉が地面に落ちる「カサ、カサ」という音。
ふだん気が付かない音たちに包まれていた。

ジゼル・ヴィエンヌ「こうしておまえは消え去る」で僕が観たのは、
舞台上に作られた「森」だ。針葉樹と雑木、それに少しのゴミ。
おそらく深い森ではない。住宅街の裏山、といったところか。
そこに美しく若い体操選手とそのコーチ、薬物中毒のロックスターが出会う。
それぞれはある種身勝手で退廃的な「自我」の葛藤を独白する。
やがて彼らの関係性は歪んでいき、臨界に達する。
それぞれが強烈に訴える「わたし」は、
観客席までを白く覆う大量の霧と共に、やがて消えていく。

森の中であれば「わたしが消え去る」感覚は、自分のものとして納得できる。
何回か、自分とまわりとの境界があいまいになる、ということを体験しているから。
「こうしておまえは消え去る」があらわにするのは、
自家中毒を起こすほど強烈な「自我」を持った人たちの自我が溶解していくさまだ。

僕はいつも、山登りの時に「自分が消えていく」感覚を体験しているけど、
裏山のような、日常と近い距離にある空間にも、「森」はあった。
僕が思い起こしたのは、『酒鬼薔薇事件』で印象的だった「タンク山」のことだ。
でもその関係性については、まだよくわからない。

 

紹介演劇データ

  • タイトル:「こうしておまえは消え去る」
  • 構成・演出・振付・舞台美術:ジゼル・ヴィエンヌ
  • 公演日:2010年2010年10月
  • 劇場:にしすがも創造舎(西巣鴨)

    おっちゃんの「感想・鑑賞録」とは!?
    日がな一日、本に囲まれて生活をするおっちゃん。おっちゃんが読んだ本や、見た映画など、ジャンルを問わず紹介します。
    感想・鑑賞録、いろいろ(カテゴリ)
    書籍
    演劇
    音楽
    その他
    カテゴリを追加
    バックナンバー
    2013年9月
    2013年8月
    2013年7月
    2013年6月
    2013年5月
    2013年4月
    2013年3月
    2013年2月
    2013年1月
    2012年12月
    2012年11月
    2012年10月
    2012年9月
    2012年8月
    2012年7月
    2012年6月
    2012年5月
    2012年4月
    2012年3月
    2012年2月
    2012年1月
    2011年12月
    2011年11月
    2011年10月
    2011年9月
    2011年8月
    2011年7月
    2011年6月
    2011年5月
    2011年4月
    2011年3月
    2011年2月
    2011年1月
    2010年12月
    2010年11月
    2010年10月
    2010年9月
    2010年8月
    2010年7月
    2010年6月
    2010年5月
    2010年4月
    2010年3月
    2010年2月
    2010年1月
    2009年12月
    2009年11月
    2009年10月
    2009年9月
    2009年8月
    2009年7月
    2009年6月
    2009年5月
    2009年4月
    2009年3月
    2009年2月
    2009年1月
    2008年12月
    2008年11月
    2008年10月
    2008年9月
    2008年8月
    最近の投稿
    『里山資本主義-日本経済は「安心の原理」で動く』藻谷 浩介/NHK広島取材班
    『あの夜、君が泣いたわけ-自閉症の子とともに生きて』野沢 和弘
    『皮膚感覚と人間のこころ』傳田 光洋
    『音をたずねて』三宮 麻由子
    絵本『ボクも、川になって』
    絵本『ボクも、川になって』
    お求めはこちらへ
    絵本『ボクは、なんにも ならない』
    絵本『ボクは、 なんにも ならない』
    お求めはこちらへ
    FOOTRACK