文字サイズ
大
中
小

おっちゃんの「感想・鑑賞録」

2010年11月24日

『いのちの中にある地球』 デヴィッド ・ スズキ(訳: 辻 信一)

筆者:おっちゃん地球の再生力の中に戻そう。

人間は、科学の力によって、産業を生み出し、
地球の生産性を高め、多くの人を養えるようにした。

続きを読む

2010年11月17日

(日本の<現代>5)「移りゆく『教養』」 苅部 直

筆者:おっちゃん「教養」は不要になってから、価値がでる?

いまさらながら、大学生は思想書を読まなくなった。
京都大学においては、一九七〇年代が転換点となったという。

続きを読む

2010年11月15日

「わたしのすがた」 飴屋法水 (一回目)

筆者:いぬ建物が問いかける。

飴屋法水の作品「わたしのすがた」は、
「フェスティバル/トーキョー」という演劇フェスティバルの一演目でありながら、
劇場で行われるのではなく、俳優も出てこない作品です。

続きを読む

2010年11月10日

『美味礼讃』 海老沢 泰久

筆者:おっちゃん畳の下に見つけた「10年玉」

小さな部屋に作りつけの本棚ができた。
「書斎」と言うにはつつまし過ぎるが、
やっと、桜が咲いたような晴れがましさはある。

続きを読む

2010年11月04日

『食卓文明論 - チャブ台はどこへ消えた?』 石毛 直道

筆者:おっちゃん食卓が家族をつくる。

大阪の茨木に住んでいた頃のこと。
わが家のマンションの前の県道を、
遅い朝、黒の革のつなぎを着た中年ライダーが、駆け抜けていく。
それは、万博公園にある職場に急ぐ石毛直道さんだった。

続きを読む

おっちゃんの「感想・鑑賞録」とは!?
日がな一日、本に囲まれて生活をするおっちゃん。おっちゃんが読んだ本や、見た映画など、ジャンルを問わず紹介します。
感想・鑑賞録、いろいろ(カテゴリ)
書籍
演劇
音楽
その他
カテゴリを追加
バックナンバー
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
2011年2月
2011年1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年9月
2010年8月
2010年7月
2010年6月
2010年5月
2010年4月
2010年3月
2010年2月
2010年1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年9月
2009年8月
2009年7月
2009年6月
2009年5月
2009年4月
2009年3月
2009年2月
2009年1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年9月
2008年8月
最近の投稿
『いのちの中にある地球』 デヴィッド ・ スズキ(訳: 辻 信一)
(日本の<現代>5)「移りゆく『教養』」 苅部 直
「わたしのすがた」 飴屋法水 (一回目)
『美味礼讃』 海老沢 泰久
絵本『ボクも、川になって』
絵本『ボクも、川になって』
お求めはこちらへ
絵本『ボクは、なんにも ならない』
絵本『ボクは、 なんにも ならない』
お求めはこちらへ
FOOTRACK