• HOME
  • >  おっちゃんの「感想・鑑賞録」
文字サイズ
大
中
小

おっちゃんの「感想・鑑賞録」

2010年10月25日

「聖地」 さいたまゴールドシアター

筆者:いぬ歴史が語る歴史。

「さいたまゴールドシアター」は、55歳以上の団員しかいない劇団だ。
今は59歳~84歳までの42名が在籍しているという。
2005年の結成以来4回目となる公演は、
劇団サンプルの主宰・松井周の脚本による「聖地」を上演した。

近未来の日本。今よりも老人は緩やかに、優しく追い詰められている。
快適な老人ホームに押し込められ、尊厳死を選ぶことを強いられている。
山の中腹にある老人ホームで、かつてのアイドルが死んだ。
その死をきっかけに、アイドルの親衛隊だった男たちが老人ホームに侵入し、
老人ホームを支配し、そこに「聖地」の設立を宣言する...。
暴走する「妄想=物語」に、周囲の人間や、妄想した当人ですら巻き込まれ、
逆に「物語」を演じていかざるを得なくなる、
つまり物語に人が支配されていく構図は、サンプルと同様だ。
しかし、さいたまゴールドシアターの役者が演じることで、
この芝居にはある種の「生々しさ」が生まれたと思う。

僕はさいたまゴールドシアターを観るのは初めてだ。
役者たちは、プロではない。
55歳をすぎ、初めて演技する人も少なくないという。
滑舌が悪く、セリフがあまり聞き取れないこともしばしばだ。
舞台の周りには黒い服のスタッフが何人かいて、台本を広げている。
彼らは役者がセリフに詰まると、助け舟を出す係だ。
そういう意味では、普通の芝居とは、ちょっと違う。

しかし、彼ら劇団員の立ち姿には不思議な説得力がある。
時々、役を外れて、あるいは超えて、
役者本人が顔を出しているように思える瞬間がある。
老人ホーム経営者の欺瞞を糾弾し、国家を呪い、自分自身の残りの日々への夢を語る。
そのセリフは、役のものなのか、それとも演じる本人のものなのか。
分かってはいるけれど、分からなくなりそうになる瞬間がある。
年齢を重ね、経験を積んだ体が語るセリフ。
役者という「歴史」が、台本に描かれた「歴史」を語る。その生々しさ。
彼らの身体を通じて「聖地」の世界を観たと同時に、
僕は芝居を通じ、彼らの身体と歴史を観たのだ。

 

紹介演劇データ

  • タイトル:「聖地」
  • 劇団:さいたまゴールドシアター
  • 脚本:松井周
  • 演出:蜷川幸雄
  • 公演日:2010年9月
  • 劇場:彩の国さいたま芸術劇場 小ホール

    おっちゃんの「感想・鑑賞録」とは!?
    日がな一日、本に囲まれて生活をするおっちゃん。おっちゃんが読んだ本や、見た映画など、ジャンルを問わず紹介します。
    感想・鑑賞録、いろいろ(カテゴリ)
    書籍
    演劇
    音楽
    その他
    カテゴリを追加
    バックナンバー
    2013年9月
    2013年8月
    2013年7月
    2013年6月
    2013年5月
    2013年4月
    2013年3月
    2013年2月
    2013年1月
    2012年12月
    2012年11月
    2012年10月
    2012年9月
    2012年8月
    2012年7月
    2012年6月
    2012年5月
    2012年4月
    2012年3月
    2012年2月
    2012年1月
    2011年12月
    2011年11月
    2011年10月
    2011年9月
    2011年8月
    2011年7月
    2011年6月
    2011年5月
    2011年4月
    2011年3月
    2011年2月
    2011年1月
    2010年12月
    2010年11月
    2010年10月
    2010年9月
    2010年8月
    2010年7月
    2010年6月
    2010年5月
    2010年4月
    2010年3月
    2010年2月
    2010年1月
    2009年12月
    2009年11月
    2009年10月
    2009年9月
    2009年8月
    2009年7月
    2009年6月
    2009年5月
    2009年4月
    2009年3月
    2009年2月
    2009年1月
    2008年12月
    2008年11月
    2008年10月
    2008年9月
    2008年8月
    最近の投稿
    『里山資本主義-日本経済は「安心の原理」で動く』藻谷 浩介/NHK広島取材班
    『あの夜、君が泣いたわけ-自閉症の子とともに生きて』野沢 和弘
    『皮膚感覚と人間のこころ』傳田 光洋
    『音をたずねて』三宮 麻由子
    絵本『ボクも、川になって』
    絵本『ボクも、川になって』
    お求めはこちらへ
    絵本『ボクは、なんにも ならない』
    絵本『ボクは、 なんにも ならない』
    お求めはこちらへ
    FOOTRACK