文字サイズ
大
中
小

おっちゃんの「感想・鑑賞録」

2010年3月31日

『サブカル・ニッポンの新自由主義』 鈴木 謙介

筆者:おっちゃんひとつ屋根の下の敵。

知らなかった。
団塊世代のわたしは、若者の敵だったのだ。
しかも、小さい会社でも経営しているとなれば、二重の敵だったのだ。

続きを読む

2010年3月24日

『検証 ・ 若者の変貌 失われた10年の後に』 浅野 智彦 [編]

筆者:おっちゃん「次」のない「終り」

80年代は、感性の時代として、若者への期待の高まりもあったが、
90年代、バブルが崩壊して、若者への風当たりはきつくなった。

続きを読む

2010年3月17日

『フージーズ』 ウォーレン ・ セント ・ ジョン

筆者:おっちゃんサッカーが、難民の最後の救いだった。

フージーズとは、難民のこと。
副題に「難民の少年サッカーチームと小さな町の物語」とあるように、
これは、アメリカの南部アトランタ、
その中の小さな町に、いまもあるサッカーチームの物語。

続きを読む

2010年3月10日

『ゴールは偶然の産物ではない』 フェラン ・ ソリアーノ

筆者:おっちゃんバルサの復活は、Jの低迷につながる。

2003年、FCバルセロナは大きな赤字を出し、経営不振に陥った。
その立て直しを託された役員の一人が、著者ソリアーノ。
彼には、経営者としての経験はあるが、
サッカー業界のことはわからなかった。

続きを読む

2010年3月03日

『春の数えかた』 日高 敏隆

筆者:おっちゃん不景気を嘆く前に、アリを見ろ!

寒の戻りが怖いけれど、気持ちよくコートを脱いで、
4日ほど前から、「もうすぐ、春ですね」気分になってみた。
ついでに、陽気に誘われて、『春のかぞえかた』を読みなおす。
昔のことを忘れ、意外なところで感心したりする。

続きを読む

おっちゃんの「感想・鑑賞録」とは!?
日がな一日、本に囲まれて生活をするおっちゃん。おっちゃんが読んだ本や、見た映画など、ジャンルを問わず紹介します。
感想・鑑賞録、いろいろ(カテゴリ)
書籍
演劇
音楽
その他
カテゴリを追加
バックナンバー
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
2011年2月
2011年1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年9月
2010年8月
2010年7月
2010年6月
2010年5月
2010年4月
2010年3月
2010年2月
2010年1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年9月
2009年8月
2009年7月
2009年6月
2009年5月
2009年4月
2009年3月
2009年2月
2009年1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年9月
2008年8月
最近の投稿
『サブカル・ニッポンの新自由主義』 鈴木 謙介
『検証 ・ 若者の変貌 失われた10年の後に』 浅野 智彦 [編]
『フージーズ』 ウォーレン ・ セント ・ ジョン
『ゴールは偶然の産物ではない』 フェラン ・ ソリアーノ
絵本『ボクも、川になって』
絵本『ボクも、川になって』
お求めはこちらへ
絵本『ボクは、なんにも ならない』
絵本『ボクは、 なんにも ならない』
お求めはこちらへ
FOOTRACK