• HOME
  • >  おっちゃんの「感想・鑑賞録」
文字サイズ
大
中
小

おっちゃんの「感想・鑑賞録」

2009年3月27日

「改造☆人間」田上パル

筆者:いぬビョーキの人は熱い。

田上パル「改造☆人間」をみた。
言ってしまえば、「カルト」の話だ。
山奥の道場で、日々「毒出し」に邁進する人々。
食事を制限し、おのれの身体を鍛え上げ、
俗世の暮らしで蓄積された「毒」を排出する。
排出を終えると、顔が変わったり、体つきが変わったりするらしい。
そう、ここは人間を「改造」する道場なのだ。

ある日、4人の女が転がり込んでくる。
道場出身の同僚にだまされ、連れてこられた。
なにも知らされずに道場にやってきた4人の女は、
その異常さにあきれ、おびえる。
なんとか逃げ出そうとする女たちと、
「改造」修行を迫る修行者たちとの間でドタバタが繰り広げられる...。

ギャグに満ちあふれたストーリーと、
熊本弁の絶叫によるやり取りが醸し出すトボけた味わいのせいか、
「毒出し」のうさんくささや、修行の異常性は薄められていく。
すると道着を着て、汚れた畳の上で修行に励む人たちの姿が、
どこかさわやかで気持ちのいい風景にみえてくる。
既視感のあるこの風景... 「部活」だ。
高校の頃みた、校庭や渡り廊下で、夢中になってなにかの練習をする人たち。
同じ所を全力で行ったり来たりしてみたり、
大声で意味の分からないことを叫んでみたり。
外からみると、ちょっと「引く」くらいおかしなことを、
ものすごい真剣になってやっている。そんな部活の風景とリンクしてくる。

乱暴な言い方が許されるのなら、
部活をはじめとして、会社や学校やなにかの組織に入るということは、
多かれ少なかれ「カルト」に入るようなものなのだ、と思う。
どれだけ探しても、自分と同じ価値観の組織なんて見つからない。
だから、違和感をおぼえながら、自分の価値観を変え、組織に合わせていく。
すると自分が変わる。いつのまにか「改造」されてしまう。

毒出し修行をしている男の一人が、こんなことを言って、
修行への違和感を口にする場面がある。

  「みんな本当に、顔や体が変わってまで毒を出したいと思っているのか。
   俺は今の俺のまま、毒を出したい」

たぶんそれはムリだ。毒を出したら、自分のなにかが変わる。
「改造」されてしまうはずだ。
「改造」されることを引き受けなかったら、変われない。
言葉にすると本当に当たり前のことなんだけど、
現実には人は、少なくとも僕は、このジレンマにいつもぶつかっている。

なんでも一歩引いて外から眺めているつもりで、
どこにも所属していないつもりでいた僕は、
だまされて連れてこられた女たちだ。
彼女たちは、いつまでも変われない。
変われないまま、毒出しのうさんくささや、道場の異常さに「引き」続ける。

うさんくさい毒出し道場で、外からみたらバカバカしいと思うことを、
悩み、ぶつかりながら全力でやっている姿がまぶしくてしょうがない。
「ビョーキの人たち」の「熱さ」に、いつしかやられてしまっている。
もちろん、そのことが孕んでいる危なさも、承知しているつもりだが。

 

紹介演劇データ

  • タイトル:『改造☆人間』
  • 劇団:田上パル
  • 作・演出:田上豊
  • 公演日:2009年3月
  • 劇場:こまばアゴラ劇場(駒場東大前)

おっちゃんの「感想・鑑賞録」とは!?
日がな一日、本に囲まれて生活をするおっちゃん。おっちゃんが読んだ本や、見た映画など、ジャンルを問わず紹介します。
感想・鑑賞録、いろいろ(カテゴリ)
書籍
演劇
音楽
その他
カテゴリを追加
バックナンバー
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
2011年2月
2011年1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年9月
2010年8月
2010年7月
2010年6月
2010年5月
2010年4月
2010年3月
2010年2月
2010年1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年9月
2009年8月
2009年7月
2009年6月
2009年5月
2009年4月
2009年3月
2009年2月
2009年1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年9月
2008年8月
最近の投稿
『里山資本主義-日本経済は「安心の原理」で動く』藻谷 浩介/NHK広島取材班
『あの夜、君が泣いたわけ-自閉症の子とともに生きて』野沢 和弘
『皮膚感覚と人間のこころ』傳田 光洋
『音をたずねて』三宮 麻由子
絵本『ボクも、川になって』
絵本『ボクも、川になって』
お求めはこちらへ
絵本『ボクは、なんにも ならない』
絵本『ボクは、 なんにも ならない』
お求めはこちらへ
FOOTRACK