• HOME
  • >  おっちゃんの「感想・鑑賞録」
文字サイズ
大
中
小

おっちゃんの「感想・鑑賞録」

2009年3月25日

『小高へ 父 島尾敏雄への旅』島尾 伸三

筆者:おっちゃん伸三さん、読後感はお父さんに似ていますよ。

たぶん、高校の頃だったような気がする。
授業をさぼって、時間をつぶした図書館で、
「島尾敏雄」の全集が目に入った。

初めての見る名前。
教科書にも載らない無名の作家が、全集か?
少し恐ろしいものを覗くように、手にとった。
濃密な空気が漂っていた。
初めて、これが「文体」というものの力だと知った。

その島尾敏雄に長男がいることは知っていた。
写真家であることも。でも、少しも興味はなかった。
年末の本屋で、たまたま目にとまって、
『小高へ 父 島尾敏雄への旅』を買った。
ただただ、島尾敏雄への関心からだった。

けれど、伸三さんって、おもしろい人ですね。

「楽しいことを考えるのが得意だったお母さんの夢を、
片っ端から壊したのは、
外出が多くて難しい顔をしていたお父さんに違いありません。」
お父さんが、明るかったお母さんを壊し、
お母さんは、かわいい妹マヤをしばりつけた。
「妹、マヤの死は、十年経っても、
私を悲しませるのに充分です。
どうして彼女を、狂った母の家から救い出せなかったのか...」と、今も悔いる。

このような両親に育てられた伸三さんは、幼いころから、
「不愉快という醤油が私の精神の
芯から末端にくまなく染み込んでしまっている。」と告白し、
「私は何らかの神経症に侵されてきているはず」と言い切る。

友人の結婚式に参列するために来ていた香港で、父の死を知る。
結婚式を済ませて、父のお通夜に駆けつけると、
「お客さんがみんな帰った深夜、おかあさんが棺桶の蓋を開けろというので、
開けると、一人にしてくれというので、
隣の台所でお茶を飲んで次の命令を待つことにしました。」
父を悼む悲しさよりも、母の次の行動から逃れるように、
伸三さんの妹や奥さん登久子さんは、一心に炊事や洗濯にかかる。
「もういいよ、というような声がしたので、
居間に入って木箱の細長い大きな蓋を閉めようとすると、
別れを惜しんで、おかあさんはもう一度、と言って、
お父さんをなで回し、顔を両手で包みました。」
すると、伸三さんは、
「この二人がこうやって、私や妹が生まれたんだなあ、と、思いました。
それは夫婦や家族という制度や表向きの仕草というよりはもっと動物的で、
土を捏ねて肉を生み出した神様の仕業を真似ているようでもあり、
肉が肉を生み出そうとする虚しい快楽の真似事のようでもありました。」
なにか、熱風に突き上げられたようなエネルギーを感じたのですが、
おっちゃんの誤読でしょうか。
そのあと、
「おかあさんは、
ずっと孤独の恐ろしい海を生きていた人だと感じました。」と続きます。

そして、
骨壺に収まったお父さんの骨を
「私は、悲しいふりをして、大きな骨をガリガリと食べてみせました。
妹は、迷わずに泣いて食べました。
ギクッとした表情を慌てて吹き消すと、
おかあさんは嫌そうに、小さな骨を捜しだし、それを食べました。」

そんな父も母も妹も、いまは福島の小高の墓に眠る。
「登久子さんが、
小高のお墓に私と一緒に入るのを楽しみにしていると
言ってくださっているので、死ぬほどうれしいです。」

お父さんの小説を読んだあとのように、
焚き火にあたりすぎたような気持ちになりました。

 

おっちゃんの「感想・鑑賞録」とは!?
日がな一日、本に囲まれて生活をするおっちゃん。おっちゃんが読んだ本や、見た映画など、ジャンルを問わず紹介します。
感想・鑑賞録、いろいろ(カテゴリ)
書籍
演劇
音楽
その他
カテゴリを追加
バックナンバー
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
2011年2月
2011年1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年9月
2010年8月
2010年7月
2010年6月
2010年5月
2010年4月
2010年3月
2010年2月
2010年1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年9月
2009年8月
2009年7月
2009年6月
2009年5月
2009年4月
2009年3月
2009年2月
2009年1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年9月
2008年8月
最近の投稿
『里山資本主義-日本経済は「安心の原理」で動く』藻谷 浩介/NHK広島取材班
『あの夜、君が泣いたわけ-自閉症の子とともに生きて』野沢 和弘
『皮膚感覚と人間のこころ』傳田 光洋
『音をたずねて』三宮 麻由子
絵本『ボクも、川になって』
絵本『ボクも、川になって』
お求めはこちらへ
絵本『ボクは、なんにも ならない』
絵本『ボクは、 なんにも ならない』
お求めはこちらへ
FOOTRACK