• HOME
  • >  おっちゃんの「感想・鑑賞録」
文字サイズ
大
中
小

おっちゃんの「感想・鑑賞録」

2009年3月18日

『軋む社会―教育・仕事・若者の現在』本田 由紀

筆者:おっちゃん「自己責任」に変わった「身分制度」

身分制度があった時代は、
人間は出生とともに一生の道筋が決まっていた。
しかし、身分制度が去り、
近代社会において導入されたのがメリトクラシ―、
すなわち業績主義による、人の選別。

     「これは、個々人が過去に何をなしてきたか、これから何を成
      しうるかに応じて、社会的な地位を配分する仕組み」
その機会の平等を保証してきたのが、学校教育であった。

さらに、ポスト近代社会に至って、
メリトクラシ―に加えて、
ハイパーメリトクラシ―が要求されている、と、著者は主張する。
     「ハイパーメリトクラシ―とは、非認知的で非標準的な、
      感情操作能力とでも呼ぶべきもの」で、
     「認知的な能力よりも、意欲や対人関係能力、創造性など、
      人格や感情の深部、人間全体におよぶ能力」
経団連の「二〇〇七年度・新卒者採用に関するアンケート調査」の結果にも、
     「企業が採用選考時に重視する要素は、過去五年間連続して
      『コミュニケーション能力』が第一位になっている。」ことにも
      表れている。

この前、東京郊外の市役所に勤める友人が、嘆いていた。
「うちの役所でも、東大卒がごろごろ入ってくる。
 でも、学歴だけじゃダメなんだ。
 渉外とか、交渉とか、できる奴が少ない。」
だから、
「秘書室とか、建築許可とかにふさわしい部署の人間がいない。
 つければ、鬱になってしまう。」

ハイパーメリトクラシーは、学校でいい成績をとれば、身に付くものではない。
     「幼少期からの家庭内・家庭外での生育経験を通じ、
      長い時間をかけて形成される」
学校教育による「機会の平等」は理念倒れになり、
「格差」が固定化し、階層化に向かうという。
身分制度の時代は、
社会の約束事で決められた階層だった。
けれど、ポスト近代社会は、「自己責任」による階層化になる。

自分で選んだ未来だから、文句を言うな、と今の社会は
若者に詰め寄っているのか。
それは、「身から出た錆び」だというのか。

麻雀で負け続けても、それが実力だから、仕方がない、
諦めろというか。
しかし、負け続けて「かけ麻雀」をやる人間はいない。
麻雀をやるなら、たまには勝てるようにルールを変えろ、と叫ぶか、
麻雀をやらなくなるだろう。

みんなが、麻雀をやる意欲を失う前に、
ルールを考えた方がいいのではないか。
会社の若いスタッフの顔を見ながら考え込んでしまった。

 

おっちゃんの「感想・鑑賞録」とは!?
日がな一日、本に囲まれて生活をするおっちゃん。おっちゃんが読んだ本や、見た映画など、ジャンルを問わず紹介します。
感想・鑑賞録、いろいろ(カテゴリ)
書籍
演劇
音楽
その他
カテゴリを追加
バックナンバー
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
2011年2月
2011年1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年9月
2010年8月
2010年7月
2010年6月
2010年5月
2010年4月
2010年3月
2010年2月
2010年1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年9月
2009年8月
2009年7月
2009年6月
2009年5月
2009年4月
2009年3月
2009年2月
2009年1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年9月
2008年8月
最近の投稿
『里山資本主義-日本経済は「安心の原理」で動く』藻谷 浩介/NHK広島取材班
『あの夜、君が泣いたわけ-自閉症の子とともに生きて』野沢 和弘
『皮膚感覚と人間のこころ』傳田 光洋
『音をたずねて』三宮 麻由子
絵本『ボクも、川になって』
絵本『ボクも、川になって』
お求めはこちらへ
絵本『ボクは、なんにも ならない』
絵本『ボクは、 なんにも ならない』
お求めはこちらへ
FOOTRACK