• HOME
  • >  おっちゃんの「感想・鑑賞録」
文字サイズ
大
中
小

おっちゃんの「感想・鑑賞録」

2009年3月10日

『銀齢の果て』筒井 康隆

筆者:おっちゃん老人浄化大作戦。そうでもせんと。

2001年、野坂昭如さんが、高齢化社会のなれの果てを、
「エレクションテスト」(ET法)で喝破されたら、
2005年、筒井康隆さんは、「シルバーバトル法」を制定された。

70歳以上の男女の別なく、殺し合いをすることで、
老人問題から日本を救う。
憂国の情の深さ、
妄想の豊かさから素晴らしい小説が出来上がりました。

シルバーバトル法、正式には、老人相互処刑制度と言う。
全国で地区を選びながら、順次、地区ごとに進めていく。
選ばれた地区では、男女含めてたった一人しか、生き残れない。

男女の別もない。
家族の助勢も許さない。
夫婦二人が残ったら、
ふたりとも、政府が征伐する。
だから、夫婦といえども、最後は殺し合い。
抱腹絶倒、魑魅魍魎、凄惨絶後なバトルが始まった。

宮脇町五丁目地区で、
シルバーバトル開始の朝が明けた。
主人公、老舗の和菓子司三代目、蔦屋のご隠居、
七十七歳の宇谷九一郎は、囲碁友達の正宗忠蔵を訪ねる。
気のやさしい友が、残虐な殺され方をされないために、
九一郎が、救いに乗り出した。

九一郎を静かに迎えた忠蔵は、
「煙草を、一服喫わせてくれるかい」とことわる。
喫い終えて、煙草を揉み消すためにうつむいた忠蔵の頭頂に、
九一郎は拳銃を打ち込んだ。
まるで、友の介錯をするような美しさ、
感動巨編の始まりにふさわしい。

元大学教授は、知恵で、
元自衛官は、ライフルで、
元鯨打ちは、銛で、
元動物園園丁は、象で、
それぞれ経験を生かし、生き残りを目指す。

宮脇町のシリアスなバトルをよそに、
大阪では、バトル対象者の親族が動いて、
『爺さん婆さんシルバー・バトル勝者決定戦』を企画。
一万二千人の入場料チケットはほとんど完売。
テレビの実況中継も、にぎにぎしく挙行された。

中島らもさんも、もっと長生きして、
野坂昭如さん、
筒井康隆さんに続いて、
この小説バトルに参戦してほしかったな。
わてら、笑って過ごす老後のために。

 

おっちゃんの「感想・鑑賞録」とは!?
日がな一日、本に囲まれて生活をするおっちゃん。おっちゃんが読んだ本や、見た映画など、ジャンルを問わず紹介します。
感想・鑑賞録、いろいろ(カテゴリ)
書籍
演劇
音楽
その他
カテゴリを追加
バックナンバー
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
2011年2月
2011年1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年9月
2010年8月
2010年7月
2010年6月
2010年5月
2010年4月
2010年3月
2010年2月
2010年1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年9月
2009年8月
2009年7月
2009年6月
2009年5月
2009年4月
2009年3月
2009年2月
2009年1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年9月
2008年8月
最近の投稿
『里山資本主義-日本経済は「安心の原理」で動く』藻谷 浩介/NHK広島取材班
『あの夜、君が泣いたわけ-自閉症の子とともに生きて』野沢 和弘
『皮膚感覚と人間のこころ』傳田 光洋
『音をたずねて』三宮 麻由子
絵本『ボクも、川になって』
絵本『ボクも、川になって』
お求めはこちらへ
絵本『ボクは、なんにも ならない』
絵本『ボクは、 なんにも ならない』
お求めはこちらへ
FOOTRACK