• HOME
  • >  おっちゃんの「感想・鑑賞録」
文字サイズ
大
中
小

おっちゃんの「感想・鑑賞録」

2009年3月13日

「シンフォニー・M」大駱駝艦

筆者:いぬ死ぬまで、命がけで立ち続ける。

倒れる。何度も倒れる。
音楽は切断される。
無音の中で、立ち上がる。
倒れては立ち、立っては倒れる。
こんな麿赤兒をみたのは、初めてだ。

「シンフォニー・M」は、
大駱駝艦艦長・麿赤兒による舞踏作品。
ほかの舞踏手(大駱駝艦では『鋳態』と呼ぶ)もいるが、
実質は「ソロ作品」と呼ぶにふさわしい。
いつもの麿は、終盤、おもむろに舞台の後ろにあらわれ、
あまり動かず、圧倒的な存在感を示し、
空間を支配する、といった風だった。
少なくとも、僕が過去にみたいくつかの作品では、そうだった。
だが「シンフォニー・M」では、
僕がこれまでにみたどの作品よりも、麿は激しく動いていた。
あがくように、悩むように。
動きながら、なにかを考え、確かめているようにも見えた。

「舞踏とは、命がけで突っ立っている死体」といったのは、
暗黒舞踏の創始者、土方巽だそうだ。
僕は土方を知らない。写真や、うつりの悪い記録映像でみただけだ。
ただ、目の前で倒れ、立ち続ける麿の姿は、
まさに「命がけで突っ立っている死体」そのものだった。
そして同時に、それは僕の姿でもある、と思う。
死ぬまで、命がけで突っ立っている。
それが「生きる」ということなのだし、
「生きる」って、それ以上でも以下でもない。
そんなことを考えた。

なによりも心動かされたのは、
公演が終わったあとの、あいさつ。
踊ることをやめ、あぐらをかいて座っている麿は、
立ち上がって前に出ようとするのだが、腰が立たない。
不安げに左右をみる。
そのとき、両脇の黒づくめの男が麿を支え、起こし、
前に連れ出し、あいさつを促す。
彼の弟子たちだ。
麿は少しホッとしたように、男たちに促されるまま、
不器用に頭を下げる。
もちろん芝居だ。麿はちゃんと動ける。
でも、感動した。
「命がけで突っ立って」いくことが、しっかりと、
次の世代に受け継がれている。
そう思った。

 

紹介演劇データ

  • タイトル:『シンフォニー・M』
  • 団体:大駱駝艦
  • 振鋳:麿赤兒
  • 公演日:2009年2月
  • 劇場:世田谷パブリックシアター(三軒茶屋)

おっちゃんの「感想・鑑賞録」とは!?
日がな一日、本に囲まれて生活をするおっちゃん。おっちゃんが読んだ本や、見た映画など、ジャンルを問わず紹介します。
感想・鑑賞録、いろいろ(カテゴリ)
書籍
演劇
音楽
その他
カテゴリを追加
バックナンバー
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
2011年2月
2011年1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年9月
2010年8月
2010年7月
2010年6月
2010年5月
2010年4月
2010年3月
2010年2月
2010年1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年9月
2009年8月
2009年7月
2009年6月
2009年5月
2009年4月
2009年3月
2009年2月
2009年1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年9月
2008年8月
最近の投稿
『里山資本主義-日本経済は「安心の原理」で動く』藻谷 浩介/NHK広島取材班
『あの夜、君が泣いたわけ-自閉症の子とともに生きて』野沢 和弘
『皮膚感覚と人間のこころ』傳田 光洋
『音をたずねて』三宮 麻由子
絵本『ボクも、川になって』
絵本『ボクも、川になって』
お求めはこちらへ
絵本『ボクは、なんにも ならない』
絵本『ボクは、 なんにも ならない』
お求めはこちらへ
FOOTRACK