• HOME
  • >  おっちゃんの「感想・鑑賞録」
文字サイズ
大
中
小

おっちゃんの「感想・鑑賞録」

2009年2月25日

『伝わる・揺さぶる!文章を書く』山田 ズーニー

筆者:おっちゃん思考の伴走者。

ズーニーさんは、いいところに目をつけられた。
この本は、「実用以上、芸術未満」の領域を開拓する、という。

文章は、思考を鍛える。
会話も、思考。
この領域には、コミュニケーション、生きることのすべてが含まれる。

電話に代わって、Mailのやり取りが増えた。
いくら、話口調で書いても、書くことは、つまるところ文章。
電話なら流れていくニュアンスも、じっと留まる。
読み手に、クンクン嗅がれる。
ちょっと「上目線」や、
嫌味な表現は意図せず現れる。そこが怖い。

おっちゃんも、おしゃべりのコミュニケーション下手や。
仕事でも、日常の暮らしでも、
なかなか自分の意見が通らない。
もっと、悔しいのは、その意図まで誤解される。
 
「なんでそこまで、悪くとるねん」と、叫びたくなる。
けれど、ズーニーさんのように、
まず、相手の立場に立って考え直すと、
おっちゃんの方が無茶なことを言っていることが多い、と反省する。
けれど、反省が続かない。
 
ズーニーさん流にいえば「メディア力」という信頼性がないのに、
おれの意見を素直に聞け、と詰め寄る。
それは、せっかく建てた家を更地に戻して、
俺の言う通り建て直せ、というようなもの。
安藤忠雄さんのような権威も権力もない、
ただのおっさんの言うことに従えるわけがない。
 
ズーニーさんは、「課題」をだす。
そして、「問う」。
「問い」を、細かく砕いていく。
読者の日常まで近づける。
お母さんが、離乳期の赤ちゃんに、食事を与えるときのようだ。
あくまでも、自分の力でかめるように導く。
 
こんなテクニックなら、おっちゃんだって、実践していると思っていた。
でも、おっちゃんの「問う」と、
ズーニーさんの「問う」は、残念ながら全然違うことに気づいた。
おっちゃんの「問う」は、問い詰める。すなわち、追い詰めること。
ズーニーさんの「問う」は寄り添うこと。
同じ行為でも、ズーニさんの用語で言うと、「根本思想」が違う。
 
なぜ、ズーニーさんは、こんな「問う」を身につけたのか。
それは、ズーニーさん自身が、
若いころから、何か事にあたるとき、たちどまり、悩み、
繰り返し繰り返し、自分に「問う」て来たのだろう。
 
だから、若い時の自分に問いかけるように、
「問い」を解く方法を話しかける。
当然、目線が読者といっしょになる。
ここが、違う。
 
いいか、よく聞け、
俺が苦労して獲得したノウハウを伝授してやる。
こんな「上目線」ではない。
 
だから、ズーニーさんの本で、問題解決の技術を学びながら、
知らない間に「心」まで広げられている。
やってみよう、という勇気がわき起こる。
ただの技術書、実用書ではない。
 
ズーニーさんご本人のことばを借りて、
この本を要約すると、
「実用以上、芸術未満」の領域を「芸術以上」の志で書かれた本だ。
 
2001年初版、版を重ねて
2009年29刷。
売れることは、ウソをつかない。

 

おっちゃんの「感想・鑑賞録」とは!?
日がな一日、本に囲まれて生活をするおっちゃん。おっちゃんが読んだ本や、見た映画など、ジャンルを問わず紹介します。
感想・鑑賞録、いろいろ(カテゴリ)
書籍
演劇
音楽
その他
カテゴリを追加
バックナンバー
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
2011年2月
2011年1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年9月
2010年8月
2010年7月
2010年6月
2010年5月
2010年4月
2010年3月
2010年2月
2010年1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年9月
2009年8月
2009年7月
2009年6月
2009年5月
2009年4月
2009年3月
2009年2月
2009年1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年9月
2008年8月
最近の投稿
『里山資本主義-日本経済は「安心の原理」で動く』藻谷 浩介/NHK広島取材班
『あの夜、君が泣いたわけ-自閉症の子とともに生きて』野沢 和弘
『皮膚感覚と人間のこころ』傳田 光洋
『音をたずねて』三宮 麻由子
絵本『ボクも、川になって』
絵本『ボクも、川になって』
お求めはこちらへ
絵本『ボクは、なんにも ならない』
絵本『ボクは、 なんにも ならない』
お求めはこちらへ
FOOTRACK