• HOME
  • >  おっちゃんの「感想・鑑賞録」
文字サイズ
大
中
小

おっちゃんの「感想・鑑賞録」

2009年2月23日

『夜は暗くてはいけないか』乾 正雄

筆者:いぬ「明るさ」への強迫。

「暗さ」について考えるようになったのは、
もう10年も前にヨーロッパを旅行したときのことだった。

ユーロスターに乗って、ロンドンからブリュッセルを日帰り、という強行軍。
昼前にブリュッセルに到着。何をしたかといえば、教会めぐり。
夕方までに5~6箇所、回っただろうか。

教会の中は真っ暗だ。天井近くに空いた、明かり採りの窓だけが明るい。
でも、目が慣れてくるとだんだんといろんなものが見えてくる。
柱やそこに施されている装飾。参列者のための椅子。
パイプオルガン。すると今度は、窓から入ってくる光がまぶしいくらいに見えてくる。

夕方になると、太陽は沈んでくる。光も弱くなる。
教会の中はますます暗くなる。
それでも、何も見えない、というわけではない。
よーく眼を凝らしてみれば、かすかに、「気配」のように、
自分の眼がものの存在を感じ取っていることが分かる。
人間の眼って、こんなに少しの光でも感じ取ることができるんだ、という驚きと、
そのことを前提に組み立てられているヨーロッパ建築の考え方に、
とても感心したおぼえがある。

だから、ちょっと知りたいことがあって、
恥ずかしながらはじめて読んだ「陰翳礼讃」の中の、
こんな文章に「ちょっと待てよ」と、違和感をおぼえてしまうのだ。

  だが、いったいこう云う風に暗がりの中に美を求める傾向が、
  東洋人にのみ強いのは何故であろうか。
  西洋にも電気や瓦斯や石油のなかった時代があったのであろうが、
  寡聞な私は、彼等に蔭を喜ぶ性癖があることを知らない。

乾正雄著『夜は暗くてはいけないか』は、
日本で、ヨーロッパで、数々の建築物を調査してきた照明の専門家という立場から、
「暗さ」について語った本だ。
豊かな四季を持ち、年間での寒暖の差が激しい日本(アジア)、
寒暖の差は比較的少なく、日照時間の差が激しいヨーロッパ、という対比から、
乾さんはヨーロッパの文化をこう位置づける。

  気候よりも光を意識させる土地、それがヨーロッパである。
  ヨーロッパの文化は、「光の文化」といってよい。
  これは、光と闇の往き来を意識した文化という意味である。
  光は、充満していればいるほど、よけい感じるというものではない。
  闇の中の一筋の光線こそ、かえって光を意識させるのだ。

建築だけでなく、絵画、あるいは自身の体験なども交えながら、
この「光の文化」をひもといていく乾さん。
石造りの家を数百年使い続けるという「住宅の歴史」の連続性が、
「照明の歴史」の連続性につながったヨーロッパでは、
今でも住まいの中に「暗さ」を持ち続けている。
その一方で日本は、震災や戦火によって住宅の多くが破壊され、
「住宅の歴史」が分断されてしまったところに、
電灯というイノベーションが持ち込まれ、あっという間に普及し、
結果として住まいから「闇」が消えた、という。

結局「明るく」する、ということは、均一にすることだ。
あらゆる場所が、同じ明るさになる。いや、ならなくてはいけないと思っている。
家に帰ったら、無意識に家中の明かりをつける。日が暮れきってないのに。
別に暗くても困らないし、困ったら、そこではじめて明かりをつければいいのに。
これはもう、強迫観念に近い。
一枚の画の中に、さまざまな明るさを描き分けた17世紀オランダの画家、
ピーター・ドゥ・ホーホの絵を紹介しながら、乾さんは言う。

  こういう絵を眺めていると、昼光の不均一性と云った、
  一見、日常の不便をもたらすとしか思えないものが、
  じつは人々の生活に本来あるべき背景なのだ、と教えられる。
  のみならず、昼光とそれの作る陰影という、
  およそ人間の精神に無関係としか思えないものが、
  じつは人々のものの考え方のおおもとにある道具立てなのだ、
  とまで信じさせられる。

公団住宅の5階で育ち、家に帰ると全部の部屋の明かりをつけるのが
当たり前だった僕の「精神」はどうなっているのか。とても気になる。

 

おっちゃんの「感想・鑑賞録」とは!?
日がな一日、本に囲まれて生活をするおっちゃん。おっちゃんが読んだ本や、見た映画など、ジャンルを問わず紹介します。
感想・鑑賞録、いろいろ(カテゴリ)
書籍
演劇
音楽
その他
カテゴリを追加
バックナンバー
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
2011年2月
2011年1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年9月
2010年8月
2010年7月
2010年6月
2010年5月
2010年4月
2010年3月
2010年2月
2010年1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年9月
2009年8月
2009年7月
2009年6月
2009年5月
2009年4月
2009年3月
2009年2月
2009年1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年9月
2008年8月
最近の投稿
『里山資本主義-日本経済は「安心の原理」で動く』藻谷 浩介/NHK広島取材班
『あの夜、君が泣いたわけ-自閉症の子とともに生きて』野沢 和弘
『皮膚感覚と人間のこころ』傳田 光洋
『音をたずねて』三宮 麻由子
絵本『ボクも、川になって』
絵本『ボクも、川になって』
お求めはこちらへ
絵本『ボクは、なんにも ならない』
絵本『ボクは、 なんにも ならない』
お求めはこちらへ
FOOTRACK