• HOME
  • >  おっちゃんの「感想・鑑賞録」
文字サイズ
大
中
小

おっちゃんの「感想・鑑賞録」

2009年2月18日

『死刑長寿』野坂昭如

筆者:おっちゃん笑わんと、やってられまへんな。

団塊の世代は、いい思いをした。
社会へ出るときは、世の中は、右肩上がり。
昨日よりも今日、今日より、明日。
平和が続いて、ドンドン国は豊かに、よくなってきた。
しあわせな世代や、と言われることがある。

でも、幸せは、当人にはわからない。
不幸は、身にしみてわかりまんねんけど。

けど、団塊世代は、恵まれた世代、ちゃいまっせ。
高校受験の時から、
「三当五落」や
「受験戦争」や、と囃したてられました。

マスコミは、はしゃいで言いたてたが、、
これは、ひどい名前でんな。
受験戦争に勝ち抜くために、艱難辛苦。厳しい日を送らなければ、いけない。
しかし、そのことよりも、
「戦争」の敗者には、明日はない。もう奈落しかないと思わせる。
後者の方が、おっちゃんは罪深い、と思う。
人生は、そんな単純なものやないのに。
だから、おっちゃんは、どんな偉い人でも、
「受験戦争」と云う言葉を使う人は、信用せえへん、
と高校生の時に決めた。

世の中に出てしばらくしたら、
「こいつら、お荷物になる」と、
会社には思われていました。
尻を叩くにも、「終身雇用、年功序列」。
管理職の「にんじん」がない。
もう、見えてましたんや。
だから、団塊の世代が熟年になると、
バブル崩壊をチャンスとして、
組織理論・人事制度が音たてて変わっていきましたやんか。

その可哀そうな団塊の世代が、いよいよ老後を迎える。
国は、年金崩壊だけやない、
もっと、手荒い手を使うと、野坂昭如さんは小説で予言(妄想)する。
短編集「死刑長寿」の中の「エレクションテスト」。

昔、徴兵制度があったとき、
満一九歳に迎える男性は、壮丁検査を受けなければならなかった。
その検査に代わって、
経済的に行き詰った日本国は、
「エレクションテスト」を発令する。
俗にET法と名ばれ、
六十五歳になった男子は、春四月に、
検査で、イチモツが役に立つことを証明しなければならなくなった。

日本国中が七転八倒、大騒ぎ、ばか騒ぎ、から騒ぎ。
爆笑哄笑失笑くすくす笑いの連続。
野坂昭如さん得意の術中にはまりながら、
老後が身に迫ってきたことをしみじみ感じましたんや。

いつまで、笑ってられるのやろ。

 

おっちゃんの「感想・鑑賞録」とは!?
日がな一日、本に囲まれて生活をするおっちゃん。おっちゃんが読んだ本や、見た映画など、ジャンルを問わず紹介します。
感想・鑑賞録、いろいろ(カテゴリ)
書籍
演劇
音楽
その他
カテゴリを追加
バックナンバー
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
2011年2月
2011年1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年9月
2010年8月
2010年7月
2010年6月
2010年5月
2010年4月
2010年3月
2010年2月
2010年1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年9月
2009年8月
2009年7月
2009年6月
2009年5月
2009年4月
2009年3月
2009年2月
2009年1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年9月
2008年8月
最近の投稿
『里山資本主義-日本経済は「安心の原理」で動く』藻谷 浩介/NHK広島取材班
『あの夜、君が泣いたわけ-自閉症の子とともに生きて』野沢 和弘
『皮膚感覚と人間のこころ』傳田 光洋
『音をたずねて』三宮 麻由子
絵本『ボクも、川になって』
絵本『ボクも、川になって』
お求めはこちらへ
絵本『ボクは、なんにも ならない』
絵本『ボクは、 なんにも ならない』
お求めはこちらへ
FOOTRACK