• HOME
  • >  おっちゃんの「感想・鑑賞録」
文字サイズ
大
中
小

おっちゃんの「感想・鑑賞録」

2009年2月06日

「伝記」サンプル

筆者:いぬ愚かに、踊り続ける。

劇団サンプルの「伝記」を観た。
シェルター会社「浅倉シェルター」社長、浅倉史郎。
その死後、偉大だった父親の「伝記」を作ろうとする息子・健。
伝記を巡るドラマは、
僕にとっては「歴史」と「人間」の関係を考えさせるものとなった。

伝記に名を残そうとあがく者たちがいる。
社長の愛人と、その息子。
「正史」の側からすれば、彼らを認めるわけにはいかない。
なんとかして彼らの存在を無かったものにしようとする。
無視をするな、俺たちを認めろ。
彼らは必死に、「正史」を握る者に詰め寄る。

伝記を、外から眺めようとする者たちがいる。
浅倉健の下で伝記の編纂にあたる3人の社員。
客観的に歴史を残そうと、取材し、観察し、写真を撮り続ける。
しかし、客観的に歴史を見つめ続けることなんてできない。
「見る者」はいつしか「見られる者」に変わる。
見られた者は、自分の歴史を語り出す。

「伝記」に語られるかどうか。「歴史」に名が残るかどうか、
そのことだけを巡って、何人もの人間が争いあう。
そんな中、社長の伝記を作ろうとしている息子だけが、
おろおろしながらも他人事のような顔で、騒動を眺めていた。
しかし彼は、ある瞬間、その立場を捨てる。

  「私が主役になります。
  物語の主役は私です。いや、私たち、あなたたちです。
  私たちは続きなんです。だから何をやってもいいんです。」

  「茶番です。なぜそれがいけない?
  私が父を追い越すことはない。才能もなければ人望もない。
  実績もなければ未来もない。そんな私にできることは茶番です。
  茶番でも何でもやって物語を書き換えればいいんです。
  それが歴史になるんです。さあ、伝記を作りましょう!」

そう息子が宣言したところで、
彼とその妹との「秘密」が明らかになる。
他者の歴史をながめ、編集する立場から、
自分の歴史を作り、自分が他者から見つめられる立場になる。
そう、彼もまた「歴史」になった。

歴史とは、名もない、才能もない、人望もない者たちが、
愚かに踊り続ける、その集積だ。

 

紹介演劇データ

  • タイトル:「伝記」
  • 劇団:サンプル
  • 作・演出:松井周
  • 公演日:2009年1月
  • 劇場:こまばアゴラ劇場(駒場東大前)

おっちゃんの「感想・鑑賞録」とは!?
日がな一日、本に囲まれて生活をするおっちゃん。おっちゃんが読んだ本や、見た映画など、ジャンルを問わず紹介します。
感想・鑑賞録、いろいろ(カテゴリ)
書籍
演劇
音楽
その他
カテゴリを追加
バックナンバー
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
2011年2月
2011年1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年9月
2010年8月
2010年7月
2010年6月
2010年5月
2010年4月
2010年3月
2010年2月
2010年1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年9月
2009年8月
2009年7月
2009年6月
2009年5月
2009年4月
2009年3月
2009年2月
2009年1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年9月
2008年8月
最近の投稿
『里山資本主義-日本経済は「安心の原理」で動く』藻谷 浩介/NHK広島取材班
『あの夜、君が泣いたわけ-自閉症の子とともに生きて』野沢 和弘
『皮膚感覚と人間のこころ』傳田 光洋
『音をたずねて』三宮 麻由子
絵本『ボクも、川になって』
絵本『ボクも、川になって』
お求めはこちらへ
絵本『ボクは、なんにも ならない』
絵本『ボクは、 なんにも ならない』
お求めはこちらへ
FOOTRACK