• HOME
  • >  おっちゃんの「感想・鑑賞録」
文字サイズ
大
中
小

おっちゃんの「感想・鑑賞録」

2009年1月30日

『話すチカラをつくる本』山田ズーニー

筆者:いぬ自由へのレッスン

コミュニケーションスキルの本だと思っていた。
確かにそうだ。そういう面もある。
でもこの本には、
僕の心に突き刺ささる言葉があった。

  「考えない」とは、自由ではありません。
  (中略)
  葛藤もなく、ただ字数を埋めただけの、
  その人の内面が反映されていない文章は、
  読んでいて、なんとも言えない胸苦しい、
  ふさがれた感じがします。
  その状態は「不自由」です。

自分だ。不自由なのは、自分だった。
こういう仕事をしているから、
他人より文章力はあるんじゃないか、そう思っていた。
でも、言葉を知ってるとか、構成力があるとか、
そういったこととは関係なく、いつもどこかもやもやしている。
「言い切れてないんじゃないか」、と感じている。
「自由に書く」とか、「思ったことを書く」ことは、テクニックとは関係ない。

  考えるのを放棄して、借り物の意見や一般論でやりすごしていると、
  自分の想いは外に表せないまま、
  自分として外と関わることができません。
  これは、静かに自分を傷つける行為です。

僕は、自由になりたい。だから、もっと考えよう。
もっと書こう。借り物ではない、自分の言葉をもっと探そう。
それを、誰かに伝えよう。

僕がここでこうやって書くこと、書き続けることは、
「自由へのレッスン」なんだ。そう思った。

おっちゃんの「感想・鑑賞録」とは!?
日がな一日、本に囲まれて生活をするおっちゃん。おっちゃんが読んだ本や、見た映画など、ジャンルを問わず紹介します。
感想・鑑賞録、いろいろ(カテゴリ)
書籍
演劇
音楽
その他
カテゴリを追加
バックナンバー
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
2011年2月
2011年1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年9月
2010年8月
2010年7月
2010年6月
2010年5月
2010年4月
2010年3月
2010年2月
2010年1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年9月
2009年8月
2009年7月
2009年6月
2009年5月
2009年4月
2009年3月
2009年2月
2009年1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年9月
2008年8月
最近の投稿
『里山資本主義-日本経済は「安心の原理」で動く』藻谷 浩介/NHK広島取材班
『あの夜、君が泣いたわけ-自閉症の子とともに生きて』野沢 和弘
『皮膚感覚と人間のこころ』傳田 光洋
『音をたずねて』三宮 麻由子
絵本『ボクも、川になって』
絵本『ボクも、川になって』
お求めはこちらへ
絵本『ボクは、なんにも ならない』
絵本『ボクは、 なんにも ならない』
お求めはこちらへ
FOOTRACK