• HOME
  • >  おっちゃんの「感想・鑑賞録」
文字サイズ
大
中
小

おっちゃんの「感想・鑑賞録」

2009年1月28日

『サヨナラ、学校化社会』上野千鶴子

筆者:おっちゃん「下位者」の志。

上野千鶴子さんの『サヨナラ、学校化社会』によると、
学校化社会とは、
     ― 学校的価値が学校空間からあふれ出し、
       にじみ出し、それ以外の社会にも浸透していった。

その学校的価値とは、
     ― 明日のために今日のがまんをするという「未来志向」と「ガンバリズム」、
       そして「偏差値一元主義」です。
そのために、人々の生き方は、
     ― いまを楽しむのではなく、つねに現在を未来のための手段とし、
       すべてを偏差値一本で評価することを学習する。
そうして、学校は、
「上位者を上位へ、下位者を下位へ再生産するカラクリ」となり、
勝者を正当化するための手段になった。

けれど、昔の家庭には、
     ― 学校とは違う価値があった。
      「おまえはお父さんの言うことさえ聞いていればいいんや、
       学校の教師の言うことなんか聞くな。
       家には家の流儀があるんや」と強制する親がいました。
       学校とは違う価値、多元的価値というものが、
       地域や家庭やさまざまな場所に生きていました。

そうだ、おっちゃんは、突然、昔の出来事を思い出した。
中学受験の時か、高校受験の時か、忘れてしまったけれど、
おっちゃんが、自分の部屋で受験勉強をしていた時のことだ。

狭い家、それに昔の家は、壁は少なくふすまのしきり。
台所で立てる湯気も音も聞こえてくるぐらい。
そんな風も物音も素通しの家で、
居間から大きくけたたましい「アホ笑い」が響いてくる。

父や母、それに三人の姉もそろって、TVでお笑い番組を見ているらしい。
大阪の人間は、話し声が大きい。
笑い声は、さらにけたたましい。
天井を突き破るような勢いになる。
おっちゃんは、たまりかねて居間に行った。
ひとこと、注意してやろう。
受験勉強の邪魔をするな、
何と心得おるか、ぐらいの勢いだった。
家族全員、静粛にするだろう、との自信もあった。
なんせ、おっちゃんは、
40歳過ぎの父が待ちかねた長男やったんや。

映画の寅さんが、印刷所の工員を諭すように言った。
「受験勉強してんねんで。
ちょっと静かにしてえな。」
おっちゃんは、いちばん、穏便な忠告を選んだつもりだった。
笑い声は瞬時に止まった。
家族全員が、おっちゃんを見た。
父も、ゆっくり、顔を向けた。

おっちゃんは、話はついた、反省してくれたら、
それでエエネン、別に謝ってもらおうとも、思ってない。
そんなそぶりで、部屋に戻ろうとすると、
父は、おっちゃんの顔を見て、
「そんなに勉強の邪魔になるねやったら、
受験をやめといてくれるか。」と言った。

おっちゃんは、自分の耳を疑った。
そのとき、上野さんの本はなかったけれど、
「下位者が下位者を再生産する」仕組みを知った。
おっちゃんは、教養のない家庭に生まれた自分を呪った。

けれど、大人になるほど、
「長男の受験勉強よりも、家族のアホ笑い」を
家庭の上位に置いた父は、立派だったとつくづく思う。
下位者にも志はあったのだ。


 

おっちゃんの「感想・鑑賞録」とは!?
日がな一日、本に囲まれて生活をするおっちゃん。おっちゃんが読んだ本や、見た映画など、ジャンルを問わず紹介します。
感想・鑑賞録、いろいろ(カテゴリ)
書籍
演劇
音楽
その他
カテゴリを追加
バックナンバー
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
2011年2月
2011年1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年9月
2010年8月
2010年7月
2010年6月
2010年5月
2010年4月
2010年3月
2010年2月
2010年1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年9月
2009年8月
2009年7月
2009年6月
2009年5月
2009年4月
2009年3月
2009年2月
2009年1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年9月
2008年8月
最近の投稿
『里山資本主義-日本経済は「安心の原理」で動く』藻谷 浩介/NHK広島取材班
『あの夜、君が泣いたわけ-自閉症の子とともに生きて』野沢 和弘
『皮膚感覚と人間のこころ』傳田 光洋
『音をたずねて』三宮 麻由子
絵本『ボクも、川になって』
絵本『ボクも、川になって』
お求めはこちらへ
絵本『ボクは、なんにも ならない』
絵本『ボクは、 なんにも ならない』
お求めはこちらへ
FOOTRACK