• HOME
  • >  おっちゃんの「感想・鑑賞録」
文字サイズ
大
中
小

おっちゃんの「感想・鑑賞録」

2009年1月21日

『生命をつなぐ 進化のふしぎ』内田亮子

筆者:おっちゃん老化とは、とてもぜいたくな悩みのようだ。

この本によると、
世界の平均寿命は約67.2歳
(国際連合のデータ:男性65.0歳、女性69.5歳)らしい。
短命なザンビアで39.4歳で、
長寿国といわれる日本で82.6歳。

そもそも、動物なら、生殖機能の終わりが、
生命の終わりらしい。
「野生動物の死は、捕食、病気、気候などの外的な要因によるものが主であり、
ほとんどが『年をとる』まで生きてはいない。」
外的要因から無事に生き延びられても、
生殖能力の停止とともに、死を迎えるのが、動物の倣いだという。
「飼育下のチンパンジーとゴリラの雌で閉経の事例は報告されているが、
野生のチンパンジーの雌では繁殖能力が
完全に停止する前に死亡するのが一般的である。」

しかし、人間は、
「繁殖機能と身体全体の老化の進行を切り離して寿命を延ばした。」
現代になって、日本人の寿命が延びたように言われているが、
「いにしえの人々も70代での死が一般的だった可能性が高いのだ。」という。
寺に残された骨を分析して年齢を推定し、
鎌倉時代と江戸時代、ふたつの集団で寿命を比較すると、
「2つの集団で死亡年齢のパターンはほぼ一致した。
15歳の個体のうち65歳以上が30~40で他の年齢群
(15~24歳、25~34歳、35~44歳、45~54歳、
55~64歳、それぞれ約10%)よりも明らかに多い。」

また、最近、脳科学の研究が進み、
歳とともに「賢く」なる理由が分かってきた。
「その秘密は感情と社会的なスキルおよびこれらと記憶能力の関係にあるようだ。」
前頭前野がつかさどる認知の処理能力は明らかに低下する。
しかし、感情のコントロールは加齢とともに低下しないという。

「高齢者(60~70歳)が意識や記憶にかかわる課題で
プラス志向の情報処理をしていることが示されている。
たとえば、ヘスらの実験で、
高齢の被験者は2つの偽新聞記事―加齢にともなう
記憶低下の関係について悲観的なものと、
一生を通じて記憶能力が保たれるという楽観的なものを読んだ場合、
後者の記事を読んだグループの方が20~30%も多くの語彙を覚えていた。」

人間は、よくできてる。
生殖と死を切り離し、長寿を達成し、
生殖とセックスと分け、長寿の楽しみを引き延ばした。
さらに、自分に都合よく解釈する心をはぐくんで、
若さを保とうとしている。

おっちゃんも、「感情のコントロール」は自信ないけれど、
「身勝手に解釈する心」は十分はぐくんでいる。
まさに、「おっちゃん道」を正しく生きているようで、
うれしくもあり、少しさびしい。

 

おっちゃんの「感想・鑑賞録」とは!?
日がな一日、本に囲まれて生活をするおっちゃん。おっちゃんが読んだ本や、見た映画など、ジャンルを問わず紹介します。
感想・鑑賞録、いろいろ(カテゴリ)
書籍
演劇
音楽
その他
カテゴリを追加
バックナンバー
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
2011年2月
2011年1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年9月
2010年8月
2010年7月
2010年6月
2010年5月
2010年4月
2010年3月
2010年2月
2010年1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年9月
2009年8月
2009年7月
2009年6月
2009年5月
2009年4月
2009年3月
2009年2月
2009年1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年9月
2008年8月
最近の投稿
『里山資本主義-日本経済は「安心の原理」で動く』藻谷 浩介/NHK広島取材班
『あの夜、君が泣いたわけ-自閉症の子とともに生きて』野沢 和弘
『皮膚感覚と人間のこころ』傳田 光洋
『音をたずねて』三宮 麻由子
絵本『ボクも、川になって』
絵本『ボクも、川になって』
お求めはこちらへ
絵本『ボクは、なんにも ならない』
絵本『ボクは、 なんにも ならない』
お求めはこちらへ
FOOTRACK