• HOME
  • >  おっちゃんの「感想・鑑賞録」
文字サイズ
大
中
小

おっちゃんの「感想・鑑賞録」

2008年11月28日

『生物と無生物のあいだ』福岡伸一

筆者:いぬ唄われない英雄の唄

子どもの頃から、強い主張や、大勢の意見が苦手だった。
学級会でも、仕事の打ち合わせでも、
流されながらも頭の中では「別のなにかがあるんじゃないか」と、
違和感を感じていた。

大きな声で語られることだけが、本当のことだろうか。
語られなかったことの中に隠されているものは、ないか。

本書の主人公は、ノーベル化学賞受賞者、
ジェームス・ワトソンとフランシス・クリックではない。
DNAの構造、生命の自己複製システムを解明した彼らは、
科学史の表舞台を飾る。
しかし著者は、その後ろに立つ、
舞台に乗ることのなかった人物たちに着目する。

その一人が、ルドルフ・シェーンハイマーである。
ラットの体内に取り込まれたタンパク質の行方を探り、
細胞が分子のレベルで、
絶えず入れ替わり続けていることを発見したユダヤ人科学者。
しかし彼の指摘が、当時の学界に顧みられることはなかった。
「生命とは何か」という究極の命題に答えようと
悪戦苦闘する科学者たちの群像。
著者は、苦闘の歴史の中に埋もれてしまった人物を見つけだし、
その功績を丁寧にたどっていく。
歴史の糸がほどかれ、編み直される中で見えてきたのは、
DNAによって自己複製を繰り返すだけではなく、
自分自身を絶えず分子レベルで破壊し続けながら、
同時に自分自身を作り出し続ける生命の姿であり、
「絶え間なく流れる分子の流れ、その淀みこそが生命である」
という新たな生命観だ。

ロックフェラー大学をはじめ、
分子生物学の最前線で研究者としての実績を重ねた著者。
科学の歴史は、「アンサング・ヒーロー(唄われない英雄)」
によって支えられている、と言う。
「発見」の大合唱の中から、耳を澄まし、
目を見開いて、
唄われることのなかったアンサング・ヒーローたちを探し出し、光を当てる。
語られなかった「なにか」が掘り起こされ、
そこから新しい物語が紡がれる。
その瞬間に立ち会うことのできる本だ。

 

おっちゃんの「感想・鑑賞録」とは!?
日がな一日、本に囲まれて生活をするおっちゃん。おっちゃんが読んだ本や、見た映画など、ジャンルを問わず紹介します。
感想・鑑賞録、いろいろ(カテゴリ)
書籍
演劇
音楽
その他
カテゴリを追加
バックナンバー
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
2011年2月
2011年1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年9月
2010年8月
2010年7月
2010年6月
2010年5月
2010年4月
2010年3月
2010年2月
2010年1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年9月
2009年8月
2009年7月
2009年6月
2009年5月
2009年4月
2009年3月
2009年2月
2009年1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年9月
2008年8月
最近の投稿
『里山資本主義-日本経済は「安心の原理」で動く』藻谷 浩介/NHK広島取材班
『あの夜、君が泣いたわけ-自閉症の子とともに生きて』野沢 和弘
『皮膚感覚と人間のこころ』傳田 光洋
『音をたずねて』三宮 麻由子
絵本『ボクも、川になって』
絵本『ボクも、川になって』
お求めはこちらへ
絵本『ボクは、なんにも ならない』
絵本『ボクは、 なんにも ならない』
お求めはこちらへ
FOOTRACK