• HOME
  • >  おっちゃんの「感想・鑑賞録」
文字サイズ
大
中
小

おっちゃんの「感想・鑑賞録」

2008年11月21日

「ヒッキー・カンクーントルネード」ハイバイ

筆者:いぬ2LDK(推定)のヒーロー

10年間、ひきこもりを続ける兄。
プロレスにだけは異様に詳しい。
母親と妹、三人暮らし。
この状況をどうにかしたいと願う母親。
兄を慕い、過剰にかばい「このままでいい」という妹。

ある日、母親がひきこもりのカウンセラー、
「出張お兄さん」を家に呼んできたことから騒動が巻き起こる...。

「ヒッキー・カンクーントルネード」は、
劇団ハイバイが4つの演目を、
オムニバス形式で演じる企画「オムニ出す」の演目の一つ。
劇団の旗揚げ作品の再演でもある。
作・演出の岩井秀人さんが、自身の体験をもとに作ったものだという。

印象的なシーンがある。
どうにかひきこもりをやめてもらいたいと、息子に詰め寄る母。
妹が兄をかばって言う。
「ひきこもりのどこがいけないの?お母さんだってひきこもりじゃん!」
スーパーのパート、気晴らしのボーリング場、そして家。
三角形を行ったりきたりするだけの毎日。
マンションの自室、居間、トイレを行ったりきたりするだけの息子と、
どこが違うのか。
世界を広げない。世界に閉じこもっている。
その意味では、二人は同じだ。

窓の外に、昼間の花火の音。
彼らの住む町に「みちのくプロレス」がやってくる。
「みちプロ」を観に、外に出ようか、
やめて、ひきこもりを続けようか。
迷いながら、とまどいながら、
玄関のドアノブに手をかけようとする兄の姿で、芝居は終わる。

僕にとってこの芝居は、
「ダメな男が社会復帰の第一歩を踏み出す」話ではない。
困難に立ち向かい、乗り越えるのがヒーローだとするなら、
この芝居は、2LDKの自宅マンションから、
どうにかして自分の世界を広げようとあがく「ヒーロー」の物語だ。

紹介演劇データ

  • タイトル:『ヒッキー・カンクーントルネード』
  • 作・演出:岩井秀人
  • 劇団:ハイバイ
  • 公演日:2008年11月
  • 劇場:リトルモア地下(原宿)

おっちゃんの「感想・鑑賞録」とは!?
日がな一日、本に囲まれて生活をするおっちゃん。おっちゃんが読んだ本や、見た映画など、ジャンルを問わず紹介します。
感想・鑑賞録、いろいろ(カテゴリ)
書籍
演劇
音楽
その他
カテゴリを追加
バックナンバー
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
2011年2月
2011年1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年9月
2010年8月
2010年7月
2010年6月
2010年5月
2010年4月
2010年3月
2010年2月
2010年1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年9月
2009年8月
2009年7月
2009年6月
2009年5月
2009年4月
2009年3月
2009年2月
2009年1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年9月
2008年8月
最近の投稿
『里山資本主義-日本経済は「安心の原理」で動く』藻谷 浩介/NHK広島取材班
『あの夜、君が泣いたわけ-自閉症の子とともに生きて』野沢 和弘
『皮膚感覚と人間のこころ』傳田 光洋
『音をたずねて』三宮 麻由子
絵本『ボクも、川になって』
絵本『ボクも、川になって』
お求めはこちらへ
絵本『ボクは、なんにも ならない』
絵本『ボクは、 なんにも ならない』
お求めはこちらへ
FOOTRACK