• HOME
  • >  おっちゃんの「感想・鑑賞録」
文字サイズ
大
中
小

おっちゃんの「感想・鑑賞録」

2008年10月22日

『石垣りん詩集』

筆者:おっちゃん「石垣りん」さんから、あまり遠くに離れぬように。

詩集は売れないって、言われてきたけれど、
最近は、文庫で出るようになった。
少しは動き出しているのか。


書店で、石垣りんさんの詩集の文庫が目に入ったので、
電車の中でも読めるように買ってみた。
久しぶりに、電車に揺られながらページを開く。

『日記より』という詩は、
― 一九五四年七月二七日
  これは歴史の上で何の特筆することもない
  多くの人が黙って通り過ぎた
  さりげない一日である ―と始まり、
一行開けて
― その日私たちは黄変米配給決定のことを知り
  その日結核患者の都庁座り込みを知る ―とある。

ビルマ(現ミャンマー)から輸入した米の1/3が、
黄変米だったことが発覚した。
管理していた農林省(現 厚生労働省)は処分に困り、
黄変米の危険性は科学的に証明されていないという詭弁を弄し、
三%未満の混入米を配給に回すことにした。
政府は、戦後、食糧難時代と変わらぬことを、
豊かになってもやっている。三笠フーズ事件は、
ほんとうは、厚生労働省事件と呼ぶべきだったのだ。
性根は、まったく変わっていなかった。

詩は
― 五六、九五六トン
  四八億円の毒米配給計画は
  一国の政治で立派に通った。

  この国の恥ずべき光栄を
  無力だった国民の名において記憶しょう。 ―とつづられる。
さらに、政府の答弁として
― 黄変米はわずか二.五パーセントの混入率にすぎない、
  と政府はいう。―

何が悲しくて、素晴らしい石垣りんさんの詩を、
このような「黄変」した紹介にしなければ、ならないのだろう。
わたしには、とても好きな『0』という詩があって、
― 私は0をふくらます。
  ゴム風船のように、あたたかい私の息で
  この世の中のいっさいの0
  はてしない虚無を
  両手の中でプウプウとふくらます ―

代表的な詩『表札』は
― 自分の住むところは
  自分で表札を出すにかぎる

  自分の寝泊まりする場所に
  他人がかけてくれる表札は
  いつもろくなことがない。 ― と続き、最後は
― 精神の在り場所も
  ハタから表札をかけられてはならない
  石垣りん
  それでよい。 ―
本当に、凛としてすがすがしい詩だ。

若いころ、どうせ自分は碌な生き方はしないだろうが、
石垣りんさんの精神から離れないように
あまりに遠くに行かないように生きようと思った。

石垣りんさんは、
小学生の遠足の時の先生のようだ。

 

おっちゃんの「感想・鑑賞録」とは!?
日がな一日、本に囲まれて生活をするおっちゃん。おっちゃんが読んだ本や、見た映画など、ジャンルを問わず紹介します。
感想・鑑賞録、いろいろ(カテゴリ)
書籍
演劇
音楽
その他
カテゴリを追加
バックナンバー
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
2011年2月
2011年1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年9月
2010年8月
2010年7月
2010年6月
2010年5月
2010年4月
2010年3月
2010年2月
2010年1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年9月
2009年8月
2009年7月
2009年6月
2009年5月
2009年4月
2009年3月
2009年2月
2009年1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年9月
2008年8月
最近の投稿
『里山資本主義-日本経済は「安心の原理」で動く』藻谷 浩介/NHK広島取材班
『あの夜、君が泣いたわけ-自閉症の子とともに生きて』野沢 和弘
『皮膚感覚と人間のこころ』傳田 光洋
『音をたずねて』三宮 麻由子
絵本『ボクも、川になって』
絵本『ボクも、川になって』
お求めはこちらへ
絵本『ボクは、なんにも ならない』
絵本『ボクは、 なんにも ならない』
お求めはこちらへ
FOOTRACK