• HOME
  • >  おっちゃんの「感想・鑑賞録」
文字サイズ
大
中
小

おっちゃんの「感想・鑑賞録」

2008年10月29日

『「待つ」ということ』鷲田 清一

筆者:おっちゃん善意や一途さは、有害なんや

「待たなくてよい社会になった。
待つことができない社会になった。」と、
著者・鷲田清一さんは、書き出す。
わが子の誕生ですら、生まれる前から、性を知り、顔もほのかにわかり、
遺伝子までわかり、出生をじりじり待つこともない、と言う。


鷲田さんは、臨床哲学を専攻する学者であり、
大阪大学の学長でもある。
さらに、昨年、アエラの表紙を飾られて、
いつも、ヨージ・ヤマモトのファッションで決められていることを知った。
1949年生まれ、私より、一つ下。
かっこいいなあ、と正直ため息が出た。

さて、待つことができない社会とは、
「せっかちは、息せき切って現在を駆り、
未来に向けて前景姿勢をとっているようにみえて、
じつは未来を視野に入れていない。」
足もとのボールだけを見て、
ドリブルしているサッカー選手みたいなものか、
なるほど、と感心する。

そのいちばんの罪は、
「人を育てられない」ことにある、と
鷲田さんは訴えているように思えた。

「『精神疾患を患った娘を説得するコツ』にあるわけではない。
意表を突いた解決法があるわけではもない。
現在は膠着状態であるが、
それは状況がたしかに『よろしくない』のだけれど、
その『よろしくない』加減がまだ生ぬるいということである。
残念だが今はまだ手が出せない。」

「患者を、思いどおりにとは言わないにしても、
なんとか扱いが楽になるようにコントロールしたいという願望が
しばしば援助する側には見られるが、
それは援助者自身の自信のなさの裏返しとして立ち上がってくるもので、
それゆえにそこには援助者の不安や焦りがまざまざと映っており、
援助される側は当然それに『圧迫感や不信感』を感じとってしまう。
が、援助する側が肚をくくって待つ態勢へ入ると、
隙を感じさせるそのへこみが
いわば『プラスのかたちで』患者側にも伝わることもある。」

「傍目には、ときにうっちゃっているとも気がないとも映り、
ときになげやりとも不誠実とも映る。
が、事態に真正面から向きあえば
『妄想と正論との激突』か緊迫した膠着にしかならない。
『あえて本質に触れない会話を続けていける』ということが、
援助のこつである。
このとき、愚鈍な善意や、ゆとりを欠いた一途さは有害なだけである」

おっちゃんは、アホや。
いままで、なんて、つまらんことを言うて、きたんやろ。

 

おっちゃんの「感想・鑑賞録」とは!?
日がな一日、本に囲まれて生活をするおっちゃん。おっちゃんが読んだ本や、見た映画など、ジャンルを問わず紹介します。
感想・鑑賞録、いろいろ(カテゴリ)
書籍
演劇
音楽
その他
カテゴリを追加
バックナンバー
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
2011年2月
2011年1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年9月
2010年8月
2010年7月
2010年6月
2010年5月
2010年4月
2010年3月
2010年2月
2010年1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年9月
2009年8月
2009年7月
2009年6月
2009年5月
2009年4月
2009年3月
2009年2月
2009年1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年9月
2008年8月
最近の投稿
『里山資本主義-日本経済は「安心の原理」で動く』藻谷 浩介/NHK広島取材班
『あの夜、君が泣いたわけ-自閉症の子とともに生きて』野沢 和弘
『皮膚感覚と人間のこころ』傳田 光洋
『音をたずねて』三宮 麻由子
絵本『ボクも、川になって』
絵本『ボクも、川になって』
お求めはこちらへ
絵本『ボクは、なんにも ならない』
絵本『ボクは、 なんにも ならない』
お求めはこちらへ
FOOTRACK