文字サイズ
大
中
小

おっちゃんの「感想・鑑賞録」

2008年10月15日

「仕事道楽―スタジオジブリの現場」鈴木敏夫

筆者:おっちゃんホンマかな。鈴木さんのマネが出来るかな

岩波書店の編集者・井上一夫さんから口説かれて、
スタジオジブリのプロデューサー、鈴木さんの本は生まれた。
ジブリは、鈴木さんご本人が言うように、
「宮崎駿・高畑勲の映画を作るために立ち上げた会社」

続きを読む

2008年10月10日

「呼吸機械」維新派

筆者:いぬ名も無き者たちが積み重ねる時間。

関西をベースに30年もの間活動を続ける劇団・維新派。
4年ぶりの野外公演。
彼らは琵琶湖の湖岸に大きな舞台を作った。
日が暮れてから、会場に着く。
木組みの観客席を後部から登っていくと、舞台面が見える。
プロセニアムで切り取られた湖岸。その奥は、ただ漆黒の水面。
座って開演を待つ。明転し、やがて白塗りの役者達があらわれる。

続きを読む

2008年10月08日

『あしたの虹』瀬戸内寂聴

筆者:立ち読み常連の学生86歳の女子高生!?

昔、どこかの駅で瀬戸内寂聴さんを見かけ、声を掛けさせていただいた。
小説のファンでもないくせに、握手をしてもらった記憶がある。
数年前には、瀬戸内寂聴さんを主人公としたテレビドラマがあって、
波瀾万丈な人生を生きてきた人だ、ということは理解している。

続きを読む

2008年10月03日

『もう一回蹴りたかった』望月重良

筆者:おっちゃん「デザインから、Jへ」 望月さんのキラートーク。

昨年2007年の暮れ、望月さんが事務所に訪ねてきてくれた。
サッカーの元日本代表。
うちの事務所は、私も含めてサッカーファンが多い。
興奮状態でお迎えした。

続きを読む

2008年10月01日

プリファブ・スプラウト

筆者:いぬどこにもない「記憶」

仕事が終わって家につくのは夜、やや深めの時間。
ソファに腰を下ろし、なんとなくテレビをつけるのですが、
疲れていることもあってか、テンションの高い民放地上波のバラエティとか、
真面目に、頭を動かしながら観なきゃいけないNHKのドキュメンタリーには、
なかなか食指が動かない。
そんな時僕は、BS民放のゆるーい空気感に浸ることにしています。

続きを読む

おっちゃんの「感想・鑑賞録」とは!?
日がな一日、本に囲まれて生活をするおっちゃん。おっちゃんが読んだ本や、見た映画など、ジャンルを問わず紹介します。
感想・鑑賞録、いろいろ(カテゴリ)
書籍
演劇
音楽
その他
カテゴリを追加
バックナンバー
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
2011年2月
2011年1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年9月
2010年8月
2010年7月
2010年6月
2010年5月
2010年4月
2010年3月
2010年2月
2010年1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年9月
2009年8月
2009年7月
2009年6月
2009年5月
2009年4月
2009年3月
2009年2月
2009年1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年9月
2008年8月
最近の投稿
『アメリカン・コミュニティ』渡辺靖
『「待つ」ということ』鷲田 清一
「サイン・シャネル カール・ラガーフェルドのアトリエ」
『石垣りん詩集』
絵本『ボクも、川になって』
絵本『ボクも、川になって』
お求めはこちらへ
絵本『ボクは、なんにも ならない』
絵本『ボクは、 なんにも ならない』
お求めはこちらへ
FOOTRACK