文字サイズ
大
中
小

おっちゃんの「感想・鑑賞録」

2008年10月31日

『アメリカン・コミュニティ』渡辺靖

筆者:いぬ誰もが、違う夢を見ることを許されている。

「アメリカが、好きだ」
10年前、アメリカでわずか4か月ばかりを過ごした僕は、
帰る頃にはすっかりこの国が好きになっていた。
車で何時間走っても、どこにも着かない何にもなさ、
街を歩いても見知らぬ日本人に声をかけてくる気安さ、
立ち寄った田舎町のカフェで食べた手作りマフィンのおいしさ、
そしてもちろん、豊かな自然。

続きを読む

2008年10月29日

『「待つ」ということ』鷲田 清一

筆者:おっちゃん善意や一途さは、有害なんや

「待たなくてよい社会になった。
待つことができない社会になった。」と、
著者・鷲田清一さんは、書き出す。
わが子の誕生ですら、生まれる前から、性を知り、顔もほのかにわかり、
遺伝子までわかり、出生をじりじり待つこともない、と言う。

続きを読む

2008年10月24日

「サイン・シャネル カール・ラガーフェルドのアトリエ」

針子の本分筆者:いぬ

パリ・カンボン通り31番地。シャネル本店。モードの王国。
君臨するのはデザイナー、カール・ラガーフェルド。
デニムのパンツに細身のテーラードジャケット、
普通のシャツの2倍はあろうかという高い襟のシャツ。
大きなサングラス、長い白髪は後ろでまとめて。
両手の指にはいくつもの指輪。
その姿はまさに、モードの王様。

続きを読む

2008年10月22日

『石垣りん詩集』

筆者:おっちゃん「石垣りん」さんから、あまり遠くに離れぬように。

詩集は売れないって、言われてきたけれど、
最近は、文庫で出るようになった。
少しは動き出しているのか。

続きを読む

2008年10月17日

「夢からはじまる-車椅子のサッカーコーチ」羽中田昌

筆者:おっちゃん夢を捨てない才能。

羽中田さんは、サッカーファンでは知らない人はいない。

サッカー選手として注目されながら、
19歳の時、バイク事故で下半身不随になった。
つらい過去を持つ「車椅子のサッカーコーチ」

続きを読む

おっちゃんの「感想・鑑賞録」とは!?
日がな一日、本に囲まれて生活をするおっちゃん。おっちゃんが読んだ本や、見た映画など、ジャンルを問わず紹介します。
感想・鑑賞録、いろいろ(カテゴリ)
書籍
演劇
音楽
その他
カテゴリを追加
バックナンバー
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
2011年2月
2011年1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年9月
2010年8月
2010年7月
2010年6月
2010年5月
2010年4月
2010年3月
2010年2月
2010年1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年9月
2009年8月
2009年7月
2009年6月
2009年5月
2009年4月
2009年3月
2009年2月
2009年1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年9月
2008年8月
最近の投稿
『アメリカン・コミュニティ』渡辺靖
『「待つ」ということ』鷲田 清一
「サイン・シャネル カール・ラガーフェルドのアトリエ」
『石垣りん詩集』
絵本『ボクも、川になって』
絵本『ボクも、川になって』
お求めはこちらへ
絵本『ボクは、なんにも ならない』
絵本『ボクは、 なんにも ならない』
お求めはこちらへ
FOOTRACK