• HOME
  • >  おっちゃんの「感想・鑑賞録」
文字サイズ
大
中
小

おっちゃんの「感想・鑑賞録」

2008年9月05日

「WALTZ MACBETH」東京デスロック

筆者:いぬ1回きりの旅は、今日も出発する。

東京デスロック『WALTZ MACBETH』を観た。

舞台の始まりは、とても静かだ。
明転すると、真っ白な舞台の上には、一人の着物姿の男と、椅子。
所在なげに男があたりを見回すうちに、一人、また一人と役者があらわれる。
それぞれ手には椅子を持って。
舞台上でお互い、探り合うような視線のやり取り。


なんとなく、相手のそばに置かれた椅子を目で追う。
はじまるのは「椅子取りゲーム」。
演出家・多田淳之介は、「マクベス」の権力を巡る争いを、
誰もが子どもの頃に親しんだ遊戯に見立てた。

遊戯は、観ているものにはわからないくらいゆっくりと、
しかし確実に激しくなっていく。
ふと気付くと、1時間前の静かな舞台とは、
まったく違う世界を観せられている。
役者達は疲れ切って、着物の裾ははだけ、髪は乱れ、額には汗がにじみ、吐く息は荒い。
純白だったはずの舞台は、血しぶき(に見立てたワイン)で染まる。

遊戯仕立ての「マクベス」を観ていたはずの僕は、そこで気付く。
待てよ、これって「演劇そのもの」ってことじゃないか?
血で汚された舞台は、元には戻らない。乱れた着物は、直せない。
一度幕が上がってしまえば、もう戻れない。あとは終劇に向かって、突き進んでいくだけ。
演劇って、この不可逆な一回性を、毎日毎日楽しむってことだ。

だから役者達は、大爆音で流れるperfumeの「GAME」にのせて、
今日も椅子の回りを走り回る。
疲れ切っているのに、不思議に楽しそうな彼らもまた、
毎日起きる、でもその日にしか起こらない「演劇」を味わっている。

紹介演劇データ

  • タイトル:『WALTZ MACBETH』
  • 作:W・シェークスピヤ(坪内逍遙訳)
  • 演出:多田淳之介
  • 劇団:東京デスロック
  • 公演日:2008年5月
  • 劇場:吉祥寺シアター(吉祥寺)

おっちゃんの「感想・鑑賞録」とは!?
日がな一日、本に囲まれて生活をするおっちゃん。おっちゃんが読んだ本や、見た映画など、ジャンルを問わず紹介します。
感想・鑑賞録、いろいろ(カテゴリ)
書籍
演劇
音楽
その他
カテゴリを追加
バックナンバー
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
2011年2月
2011年1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年9月
2010年8月
2010年7月
2010年6月
2010年5月
2010年4月
2010年3月
2010年2月
2010年1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年9月
2009年8月
2009年7月
2009年6月
2009年5月
2009年4月
2009年3月
2009年2月
2009年1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年9月
2008年8月
最近の投稿
『里山資本主義-日本経済は「安心の原理」で動く』藻谷 浩介/NHK広島取材班
『あの夜、君が泣いたわけ-自閉症の子とともに生きて』野沢 和弘
『皮膚感覚と人間のこころ』傳田 光洋
『音をたずねて』三宮 麻由子
絵本『ボクも、川になって』
絵本『ボクも、川になって』
お求めはこちらへ
絵本『ボクは、なんにも ならない』
絵本『ボクは、 なんにも ならない』
お求めはこちらへ
FOOTRACK