• HOME
  • >  おっちゃんの「感想・鑑賞録」
文字サイズ
大
中
小

おっちゃんの「感想・鑑賞録」

2008年9月10日

「眠れない夜なんてない。」平田オリザ

筆者:おっちゃん水虫を掻くような「イタ痒い」快感。

公演会場の吉祥寺シアターに、開演5分前に劇場に着いた。
ホールの扉は開いていた。
入ると、ひな壇に下りていく席。
小さな谷底に、丸く突き出してステージがあった。


ホテルのロビーのような設えのステージには、すでに役者がいた。
ひとりの男性は、ソファーにかけ、新聞を読んでいる。
少し離れた丸テーブルには、雑誌を開いている女性。
けだるさが漂う。
それは、ふたりの人生を示しているのか、
まだ、芝居が始まっていないことを、緊張感の乏しさで表現しているのか。

ふと、男性が立ちあがった。
見上げられた。
「ええ、演じるのは、ボクか?」
立場が逆転したような戸惑い。
「そうよ、座席のキミも日常を演じているじゃないか。」
「だから、今日はそれを見てやるよ。」と、
攻め込まれるような気分。
座席のボクと、ステージのボクが見つめあう。

錯綜した思いの中で、
いつしか、芝居がはじまった。

マレーシアのリゾート地に建つ定住型ホテルのような施設。
日本的、至れり尽くせり、快適真心サービスの施設で、
リタイア後の人生が開幕する。

ふた組の夫婦とひとり暮らしの男性が中心の物語。
ひと組の夫婦の夫は、まだリタイアとは言えない。
東南アジアを駆け回ってエネルギッシュに商売をしている。
タイには、愛人もいるらしい。
妻は、マレーシアくんだりまで来て、
日本と同じような「夫と疎遠な暮らし」をしている。

ひと組の夫婦は、独立した子供と離れ、
マレーシアで骨を埋める様子。

もうひとりは、一人で暮らす男性。
ときどき、日本から娘が訪ねてくる。
父を気にかける娘は、
「ここでいっしょに暮らしてもいい。」と言ってくれる。
故国を離れて暮らすと言っても、孤独な匂いは深くない。

夫が現役の夫婦の妻を、
その高校時代のクラスメートが訪ねてくる。
自分たちの老後のための施設見学が目的。

これは、ご都合主義の夫婦。
人のプライバシーが、大好物の妻。
象のような優しい目をよそいながら、
トラのように隙を狙う。

夫は、自分の都合だけで人と付き合いたい。
だから、妄りにひとには近付かない。
トラの隙を狙うハイエナのよう。

その二人の心情が、ちょっとした「しぐさ」で表現される。
「くッくッくッ」と
小さい泡のような笑いが浮き上がって、
はじけずに消える。

ひと組の夫婦、
その夫が不治の病であることがわかる。
娘も妻も、日本に帰って治療するように説得するが、
夫は、このままマレーシアにとどまりたい、と言い張る。

その会話を耳にした、独りで暮らす男性が、
「日本が嫌いなんだよ」とささやいて、ドラマが終わる。

マレーシアで暮していても、日本を離れているわけではない。
快適に老後を暮らせるのも、日本の経済力があればこそ。
海外でも、日本的サービスがあればこそ。

それなのに、「日本が嫌い」とは、厚かましい。
身勝手な、
と言いきれないのは、
身勝手な夫婦の
いやしい「しぐさ」を見るだけでも、
納得してしまう「かなしさ」。

小さく笑うたびに、
なぜか、水虫を掻く、「あのイタ痒さ」を思い出した。

紹介演劇データ

  • タイトル:『眠れない夜なんてない。』
  • 作・演出:平田オリザ
  • 劇団:青年座
  • 公演日:2008年6月28日(土)
  • 劇場:吉祥寺シアター

おっちゃんの「感想・鑑賞録」とは!?
日がな一日、本に囲まれて生活をするおっちゃん。おっちゃんが読んだ本や、見た映画など、ジャンルを問わず紹介します。
感想・鑑賞録、いろいろ(カテゴリ)
書籍
演劇
音楽
その他
カテゴリを追加
バックナンバー
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
2011年2月
2011年1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年9月
2010年8月
2010年7月
2010年6月
2010年5月
2010年4月
2010年3月
2010年2月
2010年1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年9月
2009年8月
2009年7月
2009年6月
2009年5月
2009年4月
2009年3月
2009年2月
2009年1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年9月
2008年8月
最近の投稿
『里山資本主義-日本経済は「安心の原理」で動く』藻谷 浩介/NHK広島取材班
『あの夜、君が泣いたわけ-自閉症の子とともに生きて』野沢 和弘
『皮膚感覚と人間のこころ』傳田 光洋
『音をたずねて』三宮 麻由子
絵本『ボクも、川になって』
絵本『ボクも、川になって』
お求めはこちらへ
絵本『ボクは、なんにも ならない』
絵本『ボクは、 なんにも ならない』
お求めはこちらへ
FOOTRACK