• HOME
  • >  おっちゃんの「感想・鑑賞録」
文字サイズ
大
中
小

おっちゃんの「感想・鑑賞録」

2008年9月26日

『「狂い」のすすめ』ひろ ちさや

筆者:立ち読み常連の学生狂ってるという判断。

あああ、もう狂いそう!!
と頭を抱えたくなったら、
いっそのこと狂ってしまっても良いかもしれません。


しかし、ここで取り上げる「狂う」は、
発狂するということではありません。
狂う=正しいということを疑えということです。

現代の社会は、本当に正しいのか。
社会の流れに沿っていては、まともな人間になれないのではないか。
それこそ、社会の奴隷になってしまうのではないか。
だったらいっそのこと、社会に対して疑いの目を持ってみても良いのではないだろうか。
そうすることにより、自分らしい生き方ができるようになるかもしれないと、
あえて、「狂う」という言葉を用いて、著者は読者に投げかけます。

それでは、「狂う=本当の人間らしい生き方」とは、
どういうことでしょうか。

例えば、こんな話があります。

「先生、ぼくは引きこもりなんです。どうすればいいでしょうか・・・・。」

仏教講演会が終わったあと、講師控室にいたわたしに、一人の青年が訪ねてきて、質問をしました。

中略

わたしは、しばらくの間を置いて、彼に言いました。
「きみね、せっかく引きこもりになったのだから、もうしばらく引きこもりを続けなさいよ。」
すると彼は、にこっと笑ったのです。

ここで著者は説いています。
引きこもりをしているのは心の病だから仕様がない。
それを今すぐ、引きこもりはいけないから、外に出るようにしなさいと、
言ったところで、きっとその彼には、できないはず。
であれば、そのままで何が悪い、
あなたはあなたらしくそのままでいいじゃないか、ということです。

もちろん、引きこもりを続けるということが「狂う」、というのではなく、
今、そういうことがその彼には必要で、むりやり社会に強制送還することはない。ゆっくりと、焦らず、社会のプレッシャーに押しつぶされることなく、
治していけば良いのだ、ということです。

つまりは、必ずしも正しくはない、現代の社会の常識に、
囚われすぎてはいけないと、伝えているのではないでしょうか。

「狂う」という言葉は、ちょっと大げさかもしれません。
しかし、社会をそういった観点から見ることも、
これから自分らしく生きるヒントになると思うのです。

 

おっちゃんの「感想・鑑賞録」とは!?
日がな一日、本に囲まれて生活をするおっちゃん。おっちゃんが読んだ本や、見た映画など、ジャンルを問わず紹介します。
感想・鑑賞録、いろいろ(カテゴリ)
書籍
演劇
音楽
その他
カテゴリを追加
バックナンバー
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
2011年2月
2011年1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年9月
2010年8月
2010年7月
2010年6月
2010年5月
2010年4月
2010年3月
2010年2月
2010年1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年9月
2009年8月
2009年7月
2009年6月
2009年5月
2009年4月
2009年3月
2009年2月
2009年1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年9月
2008年8月
最近の投稿
『里山資本主義-日本経済は「安心の原理」で動く』藻谷 浩介/NHK広島取材班
『あの夜、君が泣いたわけ-自閉症の子とともに生きて』野沢 和弘
『皮膚感覚と人間のこころ』傳田 光洋
『音をたずねて』三宮 麻由子
絵本『ボクも、川になって』
絵本『ボクも、川になって』
お求めはこちらへ
絵本『ボクは、なんにも ならない』
絵本『ボクは、 なんにも ならない』
お求めはこちらへ
FOOTRACK