• HOME
  • >  おっちゃんの「感想・鑑賞録」
文字サイズ
大
中
小

おっちゃんの「感想・鑑賞録」

2008年8月27日

「フリータイム」チェルフィッチュ

筆者:いぬ僕らは自由か。

僕の住んでるマンションの掲示板には、すごくたくさんの貼り紙がしてある。
上階の水遣りの水がたれてくるから気をつけろだの、
ペットを飼うときにはマンション内の「ペットの会」に入れだの、
夜中の駐車場で、車のドアの音がうるさいから気をつけろだの。
いちいち正しい。


けど、結果としてたくさんの「正しさ」であふれかえった、
この掲示板の息苦しさといったら、どうだろう。

そんなこんなで、最近「息苦しいなあ」って思うことがけっこうある。
みんなけっこうそうなんじゃないだろうか。

「自由」に生きたい。とかうっかり思ってしまう。もう35歳なのに。

でも「自由」ってなんだ。
仕事をやめれば、マンションに住むのをやめれば、
自由になれるんだろうか。
ときどき「今の暮らしを全部やめて、山にこもっちゃえば大丈夫」って、
考えることがあるけど、それって「自由」なんだろうか。

チェルフィッチュ『フリータイム』を観た。
話はシンプルだ。
派遣社員として働く女。会社に行く前にいつも早起きして、
駅のそばのファミレスで30分を過ごす。
日記(のようなもの。彼女がノートに書いているのは、
文字ではなく円なのだ)を書く彼女の頭の中や、
ファミレスの店員が思ってること、
同じ時間にファミレスに居あわせた男子二人が何を見て、何を考えたか、なんてことが、
いろんな役者によって、いろんな視点から語られる。

一貫して語られているのは、要するに「自由ってなんだ」ってことだ。
早起きした朝の30分は自由な時間なのか。
30分じゃなくて1時間だったら自由なのか、それとも2時間か。
時間の長さじゃなくて、その長さを自分で決められることが自由なのか。
つまり派遣社員じゃなくて、フリーランスだったら自由なのか。

そう、ほんとうはそれ以上一時間とか? 欲を言えば一時間半とか?
もっと? してれたらなあっていうのはありますけど、
(中略)
でも三十分で、結構だいじょうぶでっていうか、
うん、そういう面はあって、
(中略)
ときどき三十分が、
そう、ときどきでいつもそうなるわけじゃないんですけど
三十分がほとんど、永遠、(ウケて)、
うん、でもそう、永遠!
におおむね等しくなることがあるってことを私は知ってて、
(後略)

終盤、女(の心の中を語っている役者)は語る。
彼女が見つけた「永遠」こそが、普遍的な「自由」なのか。
それともこれは、不自由な状況の中で身につけた「生きる知恵」なのか。

今のところ僕には、「その両方です」としか言いようがない。
なぜなら僕自身が、その2つの間で揺れていると思うからだ。
でももし「不自由な状況」ってものが今あるとして、
それはどんどん大きくなっていて、
僕の身の回りは息苦しくなっていくばっかりだとしたら。

「生きる知恵」だけじゃ足りないときも、くるんじゃないだろうか。

紹介演劇データ

  • タイトル:『フリータイム』
  • 作・演出:岡田利規劇団:チェルフィッチュ
  • 公演日:2008年3月
  • 劇場:SUPERDELUXE(六本木)

おっちゃんの「感想・鑑賞録」とは!?
日がな一日、本に囲まれて生活をするおっちゃん。おっちゃんが読んだ本や、見た映画など、ジャンルを問わず紹介します。
感想・鑑賞録、いろいろ(カテゴリ)
書籍
演劇
音楽
その他
カテゴリを追加
バックナンバー
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
2011年2月
2011年1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年9月
2010年8月
2010年7月
2010年6月
2010年5月
2010年4月
2010年3月
2010年2月
2010年1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年9月
2009年8月
2009年7月
2009年6月
2009年5月
2009年4月
2009年3月
2009年2月
2009年1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年9月
2008年8月
最近の投稿
『里山資本主義-日本経済は「安心の原理」で動く』藻谷 浩介/NHK広島取材班
『あの夜、君が泣いたわけ-自閉症の子とともに生きて』野沢 和弘
『皮膚感覚と人間のこころ』傳田 光洋
『音をたずねて』三宮 麻由子
絵本『ボクも、川になって』
絵本『ボクも、川になって』
お求めはこちらへ
絵本『ボクは、なんにも ならない』
絵本『ボクは、 なんにも ならない』
お求めはこちらへ
FOOTRACK