• HOME
  • >  おっちゃんの「感想・鑑賞録」
文字サイズ
大
中
小

おっちゃんの「感想・鑑賞録」

2008年8月20日

「五輪ボイコット―幻のモスクワ、28年目の証言」松瀬 学

筆者:おっちゃん戦後は終わっても、「二次敗戦」は続く。

停戦を訴えて開幕した北京オリンピック。
その開幕の日に、ソ連はグルジアに軍事侵攻した。

早速、アメリカの議会では、
2014年開催のソチ冬季五輪に物言いをつけた。
ソチは、グルジアから、わずか50㎞の距離。
近すぎて危険ではないか、と会場の変更を迫る決議に動き出した。


28年前のモスクワ五輪を思い出して、
松瀬学さんの『五輪ボイコット』を読んだ。

1989年暮れ、ソ連はアフガニスタンに軍事侵攻した。
人道主義を掲げて、
カーター大統領は、「モスクワ五輪」ボイコットを呼びかける。
ときの日本の大平首相は同調することを迫られる。
逆らえば、
「対日石油輸出をストップする」との脅しのうわさも広まった。
政府は、日本オリンピック委員会(JOC)に「意をくむこと」を望む。

JOCは、独立した組織だから、命令はできない。
しかし、JOCは日本体育協会の傘下にあり、
日本体育協会は、文部省からの補助金で成り立っている。
とても、政府から自立した存在ではない。

レスリング・コーチだった福田富昭さんは、述懐する。
「モスクワ五輪はスポーツが政治に『敗北』した大会であった。」
JOC委員だった松平康隆さんは、
「オリンピック憲章違反だった」と言い切る。
JOC総務主事だった岡野俊一郎さんは、
「カーターは大統領選挙のキャンペーンとしてボイコットを世界中に働きかけた。」
と無念をにじませる。
毎日新聞運動部・大野晃記者は、
「みんな打ちひしがれていた。たぶん、終戦の翌日っていうのも、こうだったんじゃないか」と振り返る。
「一言でいえば、モスクワ五輪ボイコットとは日本スポーツ界の『敗戦』だった」と
著者は言う。

不幸なことに、4年に一度のオリンピックは、
アメリカ大統領選挙の年に重なる。
権力者は、つねに「ナショナリズム」を選挙に利用する。

ひとりの権力者のために、スポーツ界は振り回され、
人生をかけて死ぬ思いで励んできた選手の夢は断ち切られ、
日本のスポーツは低迷に入った。
これは、「二次敗戦」だ。
スポーツ界だけでなく、
さまざまな分野で起こっているのだ。

戦争も戦後も知らない世代も、
これは知っておいた方がいい。

 

おっちゃんの「感想・鑑賞録」とは!?
日がな一日、本に囲まれて生活をするおっちゃん。おっちゃんが読んだ本や、見た映画など、ジャンルを問わず紹介します。
感想・鑑賞録、いろいろ(カテゴリ)
書籍
演劇
音楽
その他
カテゴリを追加
バックナンバー
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
2011年2月
2011年1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年9月
2010年8月
2010年7月
2010年6月
2010年5月
2010年4月
2010年3月
2010年2月
2010年1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年9月
2009年8月
2009年7月
2009年6月
2009年5月
2009年4月
2009年3月
2009年2月
2009年1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年9月
2008年8月
最近の投稿
『里山資本主義-日本経済は「安心の原理」で動く』藻谷 浩介/NHK広島取材班
『あの夜、君が泣いたわけ-自閉症の子とともに生きて』野沢 和弘
『皮膚感覚と人間のこころ』傳田 光洋
『音をたずねて』三宮 麻由子
絵本『ボクも、川になって』
絵本『ボクも、川になって』
お求めはこちらへ
絵本『ボクは、なんにも ならない』
絵本『ボクは、 なんにも ならない』
お求めはこちらへ
FOOTRACK