文字サイズ
大
中
小

おっちゃんの「感想・鑑賞録」

2008年8月29日

「ボローニャ紀行」井上ひさし

筆者:おっちゃん大阪もボローニャやったんや。

「三十年間の机上の勉強でいまでは恋人よりも慕わしい存在となったボローニャ」へ、2003年12月、井上ひさしさんは、初めて旅立つ。

ここは、ボローニャ・ソース(ミートソース)の発祥の地、
豚肉文化の中心地であり、生ハムはむちゃくちゃにおいしい。
ヨーロッパでもっとも古い大学、ボローニャ大学の所在地でもある。

続きを読む

2008年8月27日

「フリータイム」チェルフィッチュ

筆者:いぬ僕らは自由か。

僕の住んでるマンションの掲示板には、すごくたくさんの貼り紙がしてある。
上階の水遣りの水がたれてくるから気をつけろだの、
ペットを飼うときにはマンション内の「ペットの会」に入れだの、
夜中の駐車場で、車のドアの音がうるさいから気をつけろだの。
いちいち正しい。

続きを読む

2008年8月22日

「文章のみがき方」辰濃和男

筆者:立ち読み常連の学生書くことに挑むこと。

「正直に飾りげなく」書く。
「わかりやすく」書く。
「単純で明晰」に書く。
「五感」で書く。
「低い目線」で書く、など。

続きを読む

2008年8月20日

「五輪ボイコット―幻のモスクワ、28年目の証言」松瀬 学

筆者:おっちゃん戦後は終わっても、「二次敗戦」は続く。

停戦を訴えて開幕した北京オリンピック。
その開幕の日に、ソ連はグルジアに軍事侵攻した。

早速、アメリカの議会では、
2014年開催のソチ冬季五輪に物言いをつけた。
ソチは、グルジアから、わずか50㎞の距離。
近すぎて危険ではないか、と会場の変更を迫る決議に動き出した。

続きを読む

2008年8月15日

甲子園の砂

筆者:おっちゃん「からだの文化人類学」波平恵美子

中学生の頃だった。
友達の家のテレビで夏の高校野球を見ていたら、
おばちゃんが突然、泣き出した。
目頭をおさえ、居間を出て行った。

続きを読む

おっちゃんの「感想・鑑賞録」とは!?
日がな一日、本に囲まれて生活をするおっちゃん。おっちゃんが読んだ本や、見た映画など、ジャンルを問わず紹介します。
感想・鑑賞録、いろいろ(カテゴリ)
書籍
演劇
音楽
その他
カテゴリを追加
バックナンバー
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
2011年2月
2011年1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年9月
2010年8月
2010年7月
2010年6月
2010年5月
2010年4月
2010年3月
2010年2月
2010年1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年9月
2009年8月
2009年7月
2009年6月
2009年5月
2009年4月
2009年3月
2009年2月
2009年1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年9月
2008年8月
最近の投稿
「ボローニャ紀行」井上ひさし
「フリータイム」チェルフィッチュ
「文章のみがき方」辰濃和男
「五輪ボイコット―幻のモスクワ、28年目の証言」松瀬 学
絵本『ボクも、川になって』
絵本『ボクも、川になって』
お求めはこちらへ
絵本『ボクは、なんにも ならない』
絵本『ボクは、 なんにも ならない』
お求めはこちらへ
FOOTRACK