• HOME
  • >  おっちゃんの「感想・鑑賞録」
文字サイズ
大
中
小

おっちゃんの「感想・鑑賞録」

2012年5月09日

『動物たちのウンコロジー』 今泉 忠明

筆者:おっちゃん生き残るための便秘。

春を待ちかねて、わが家の犬を洗う。
「気持ちよくなったね」と言いながら、「ウソつけ」とも思う。
犬の方は、イヤなんだろうな、
自分の匂いを薄められて。
気持ちいいのは、飼い主だけじゃないか。
きっと、そうなんだ。

続きを読む

2012年5月02日

『動的平衡』 福岡 伸一

筆者:おっちゃん種の別れ。

友人に、今何を読んでいるの、と聞かれて
『動的平衡』と答えると、難しそうな本だね、と言われた。
そんなことないよ、と言いたかったけれど、
自分も十分理解している自信がないから、
モヤモヤと返事にならない返事になった。
ああ、せめて、でも、おもしろいんだよ、と言えばよかった。
たとえば、ね。

続きを読む

2012年4月25日

『手鎖心中』 井上 ひさし

筆者:おっちゃん狂気こそが、救い。

『雪やこんこん』を観て、
改めて、井上ひさしの天才ぶりに驚嘆して、
積読だった『一週間』を読み、
その勢いで、『手鎖心中』に手が伸びました。

続きを読む

2012年4月18日

『河北新報のいちばん長い日』 河北新報社

筆者:おっちゃん地方ブロック紙の矜持。

河北新報は、仙台に本社があるブロック紙。
一八九七年創刊以来、休刊日以外は一日休まず新聞を発行している。
第二次世界大戦中も休まなかった。
紙齢は、昨年三月一一日で四一一二号。
その夜も、新潟新報の協力で号外を出した。

続きを読む

2012年4月11日

『聞く力』 阿川 佐和子

筆者:おっちゃんまずは、人への好奇心なんでしょうね。

またまた、帯に気をそそられて買いました。
「アガワ流『聞く心得』」
この心得がいいですね。
重くない。
うまくならなきゃ、核心をついた質問をしなきゃ、などの負担がない。
せめて、心がけましょうね、ぐらいのやさしさがある。

続きを読む

おっちゃんの「感想・鑑賞録」とは!?
日がな一日、本に囲まれて生活をするおっちゃん。おっちゃんが読んだ本や、見た映画など、ジャンルを問わず紹介します。
感想・鑑賞録、いろいろ(カテゴリ)
書籍
演劇
音楽
その他
カテゴリを追加
バックナンバー
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
2011年2月
2011年1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年9月
2010年8月
2010年7月
2010年6月
2010年5月
2010年4月
2010年3月
2010年2月
2010年1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年9月
2009年8月
2009年7月
2009年6月
2009年5月
2009年4月
2009年3月
2009年2月
2009年1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年9月
2008年8月
最近の投稿
『里山資本主義-日本経済は「安心の原理」で動く』藻谷 浩介/NHK広島取材班
『あの夜、君が泣いたわけ-自閉症の子とともに生きて』野沢 和弘
『皮膚感覚と人間のこころ』傳田 光洋
『音をたずねて』三宮 麻由子
絵本『ボクも、川になって』
絵本『ボクも、川になって』
お求めはこちらへ
絵本『ボクは、なんにも ならない』
絵本『ボクは、 なんにも ならない』
お求めはこちらへ
FOOTRACK