文字サイズ
大
中
小

おっちゃんの「感想・鑑賞録」

2013年2月13日

『刑務所の経済学』中島 隆信

筆者:おっちゃん共存社会の経済学


30代前半のころ、社長のお供でニューヨークに出張した。
当時、日本でも話題になり始めた「カタログショップ」も、
訪問先の一つにあった。
たまたま、社長が行けなくても、私だけがでかけた。
相手は、社長が応対してくれた。

続きを読む

2013年2月06日

『エリック・ホッファー自伝‐構想された真実』ERIC HOFFER 訳:中本義彦

筆者:おっちゃん開拓者は放浪者。


昨年の暮れ、『コトノネ』の取材で、福島県郡山に行ってきました。
原発事故が起きるまで、循環型農業をやってきた障害者施設が、
放射線のために、空気も土も汚染されて循環を断ち切られた。
鶏を飼って鶏糞を肥料にして、野菜を育てていたけれど、できなくなった。
肝心の卵も売り物にならない。

続きを読む

2013年1月30日

『発達障害と呼ばないで』岡田 尊司

筆者:おっちゃん社会がつくる障害者。


ADHD(注意欠陥/多動性障害)や
自閉症スペクトラム(広汎性発達障害とも呼ばれる)など
発達障害の人は、年々増加しているという。

続きを読む

2013年1月23日

『ことり』小川 洋子

筆者:おっちゃん先輩生物と話がしたい。


言語は、小鳥のさえずりから始まった、というワクワクするような本を読んだ。
タイトルは、『さえずり言語起源論』
著者は、岡ノ谷一夫さん。

続きを読む

2013年1月16日

『障害者の経済学』中島 隆信

筆者:おっちゃん卒「成金根性社会」


『コトノネ』の編集に関わって取材していると、
さまざまな「壁」を感じる。
福祉に携わる人と、それ以外の人たち、言い換えれば、
一般社会との「壁」。
福祉の世界のなかにも、「壁」がある。

続きを読む

おっちゃんの「感想・鑑賞録」とは!?
日がな一日、本に囲まれて生活をするおっちゃん。おっちゃんが読んだ本や、見た映画など、ジャンルを問わず紹介します。
感想・鑑賞録、いろいろ(カテゴリ)
書籍
演劇
音楽
その他
カテゴリを追加
バックナンバー
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
2011年2月
2011年1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年9月
2010年8月
2010年7月
2010年6月
2010年5月
2010年4月
2010年3月
2010年2月
2010年1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年9月
2009年8月
2009年7月
2009年6月
2009年5月
2009年4月
2009年3月
2009年2月
2009年1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年9月
2008年8月
最近の投稿
『里山資本主義-日本経済は「安心の原理」で動く』藻谷 浩介/NHK広島取材班
『あの夜、君が泣いたわけ-自閉症の子とともに生きて』野沢 和弘
『皮膚感覚と人間のこころ』傳田 光洋
『音をたずねて』三宮 麻由子
絵本『ボクも、川になって』
絵本『ボクも、川になって』
お求めはこちらへ
絵本『ボクは、なんにも ならない』
絵本『ボクは、 なんにも ならない』
お求めはこちらへ
FOOTRACK