• HOME
  • >  おっちゃんの「日々こもごも」
文字サイズ
大
中
小

おっちゃんの「日々こもごも」

2012年10月24日

障害者手帳で通れない。

完全なパクリ情報で、久々のブログです。
「福島第一原発の周辺にある6つの作業所が集まって、
仕事起こしのプロジェクト」を伝えるためのブログ
「南相馬ファクトリー通信」からの情報です。

http://minamisoma-fc.jugem.jp/?eid=326

南相馬から、仙台に出掛ける時、高速道路の料金所の無人化で、
障害者手帳で通過するのが、ひと騒ぎ。
そのおもろ、悲しきお話です。

  「さて、娘の就学相談の面接で仙台へ行ってきました。
  いつも、高速道路で移動しているのですが、料金所(仙台東)が、
  無人化されていました。障害者の手帳(療育手帳)を持っていると
  半額になります。機械には、手帳所持の人は、レバーを下げろと
  書いてあります。「はい、なんですか?」とスピーカーから係員の声。
  「カメラに手帳を見せて」???「そっちのカメラではありません!」
  「真ん中のカメラです!さっき、いったでしょう!」な「有効期限が
  書いてあるページを見せてください!」???「カメラからもっと離し
  てください」「そのページではありません!」

  だめだぁ。切れた。「このシステム、おかしい!出て来て話せ!」と
  機械に叫ぶと、レバーが上がった。後ろには30台ほど車が詰まっていた。
  クラクションは、鳴らされるし、最悪。おまけに空しい~。

  皆さん、これは、障害者向けのサービスなんですよ。私には信じられません。
  デザインは、利便で簡易で、わかりやすい、そして美しいものを追求するもの
  でしょう。このシステムは何?今の日本の象徴?それとも、私が時代遅れの、
  おっさんなのでしょうか?

  帰りも高速道路を使いました。料金所(山元)の係の人に手帳を渡すと、
  「ありがとうございます。お気をつけて!」と答えてくれました。

  (私も、疲れていたんでしょうね。翌日、ダウンして、寝込んでしまいました。)」

陸橋がなくなったら、また、
新しい陸橋をつくるのですね。
学びがない。学ぶ気がない。