• HOME
  • >  おっちゃんの「日々こもごも」
文字サイズ
大
中
小

おっちゃんの「日々こもごも」

2011年10月08日

後半が、本当のゼルビア。

ヴァンフォーレ甲府戦は
昨年の天皇杯2回戦、
新潟アルビレックスと彷彿とさせる戦いになった。

立ち上がりから、
相手の寄せ、パスの速さに押されて、
判断が遅くなり、トラップのささやかなミスにも付け入られる結果になった。
それが結局、前半の2失点につながった。

けれど、新潟戦とおなじように、
後半は、ゼルビアらしさがでてきた。
相手のマークにもズレが出て、
ゴール前までスピードのある攻めが生まれた。
良さん、星くんが途中出場して、攻めに緩急が生まれた。
不運にも、2点目につながらなかったが、
十分見ごたえのある試合になった。

甲府まで出かけたのだから、天皇杯2回戦は、勝ってほしかった。
しかし、正直な気持ちは、勝つことよりも、
いいリズムで、リーグ戦に臨んでもらいたい気持ちの方が強かった。
後半で、その手ごたえをつかんでくれたと思う。
大きな成果だ。

試合を終えて、甲府のサポーターから握手を求められた。
われわれのすぐ後ろで、観戦していた年配のご夫婦だった。
「うちも、来季はJ2です。
来季は、J2でもう一度、戦いましょう」と言われた。
わたしは、「ありがとうございます」と強く手を握って別れた。

そのあと、わたしは、反省した。
ほんとうは、「ありがとうございます」の後に、
「J2で戦えることを願っていますが、
甲府さんは、きっと、J1に留まられるでしょう。
がんばってください」と言うべきだった。

甲府のサポーターは、大人やなあ!