• HOME
  • >  おっちゃんの「日々こもごも」
文字サイズ
大
中
小

おっちゃんの「日々こもごも」

2011年9月22日

映画「ライフ ‐ いのちをつなぐ物語 ‐」

わたしは、生きものの話が好きだから、
情報としては知っていることが多かったけれど、
映像になると、感動が違いますね。
BBC放送の映像は、さすがに素晴らしい。

冒頭、捕食者のいない氷原を選んで出産をする
アザラシのシーンから感激しました。
捕食者がいないということは、
自分たちも、餌を見つけることは大変です。
生後間もないこどもを、氷の割れ目の海へと誘う母アザラシ。
意を決して、飛びこむ子アザラシ。

きっと、氷の下、海中から追っている。
何日かかって追っているのだろう。
撮影中に氷が閉じたら、どうするんだろう。
思うと、体が震えました。

温泉につかるニホンザルの愉悦の表情、
海底の砂をたたいて、網のようにして魚を追い込む
漁師のようなフロリダ海のイルカ。
オタマジャクシを背中に乗せて、水が溜まった花の中に運ぶカエル。
餌は自分の無精卵を運ぶ。
好物の骨髄の中の脂肪を食べるため、骨を岩場に落として割る、エチオピアの山地に住むヒゲワシ。

2時間、飽きません。
シニア料金1,000円は、安い。

ただね、ナレーションは、
生きものの営みの雄大さと比較すれば、感傷的すぎる。
「親子の情愛」とか、
「助け合い」とか、もう、いいよ。