• HOME
  • >  おっちゃんの「日々こもごも」
文字サイズ
大
中
小

おっちゃんの「日々こもごも」

2011年5月24日

至福の韓国料理。

先週末、韓国の出版社で、絵本『ボクも、川になって』を出版していただけることになり、
色校を確認するために、ソウルに行ってきました。
打ち合わせを終えたあと、食事にご招待いただきました。
ありがたいけれど、正直、わたしは、不安でいっぱいでした。

実は、わたしは、いい歳をして恥ずかしいのですが、まだ好き嫌いが多く、
とくに、韓国料理は苦手の部類。
辛いものはダメ、
キムチも食べられません。

でも、食わず嫌いは、人生の大損ですね。
感動しました。
野菜だけの料理。
地味な色合いだが、美しい器でどこかに華やぎがある。
一皿目、一目見るだけで心躍り、
ひと口含むだけで、舞い上がりそうになりました。

ほのかな、はかないほどのうまみ、
醤油や調味料など引き立ってくる味は、ありません。
いくつもの野菜だけが溶け合って醸し出す香りと味。
静かな湖面を、やさしい日差しが揺れ動くように
さまざまな香りとうまみが立ち現われる。
そして、消える。

こんな洗練された食文化を育んだ韓国に尊敬します。