• HOME
  • >  おっちゃんの「日々こもごも」
文字サイズ
大
中
小

おっちゃんの「日々こもごも」

2011年4月28日

福島から「フクシマ」へ

「『フクシマ』と書かれると、ドキッとするんですよね。」
福島原発のことを話題にしていたら、スタッフが言った。
うちの会社には、福島県出身のスタッフがふたりいる。
彼は、そのひとり。
今も年老いたご両親と姉家族が、福島市で暮らしている。

「福島市って漢字じゃなく、最近、カタカナ書きされることがよくある」
そういわれれば、そうだ。
一昨日25日は、チェリノブイリ原子力発電所の爆発事故から、25年目。
同じレベル7.
福島原発事故との比較とか、
チェリノブイリの教訓を生かさなかったとか、記事が増えた。

そのとき、「フクシマ」とカタカナ書きされる。
カタカナになると、
広島が「ヒロシマ」になったことと結びつく。

それが、「ギクッと」の正体だろう。
広島に原子爆弾を落とされて、「ヒロシマ」になり、
日本は、曲がりなりにも、「核三原則」と「平和主義」の方針打ち出した。
福島原発事故は、「フクシマ」になり、どんな日本になるのだろうか。

このまま日本が沈んだり、
何も変わらず、日常が戻ってくれば、悲し過ぎる。
「ヒロシマ」より、悲しい。