• HOME
  • >  おっちゃんの「日々こもごも」
文字サイズ
大
中
小

おっちゃんの「日々こもごも」

2010年11月20日

黒岩比佐子さん、52歳の死。

筆者:おっちゃん 旧友から訃報が届いた。
ノンフィクション作家として活躍されていた黒岩比佐子さんが、亡くなられた、という。
11月17日死去。享年52歳。死因は、すい臓がん。
若すぎますね。

知らせてくれた旧友とわたしは、昔1年ほど同じ職場だった。
その隣の部署に、黒岩さんはおられたらしい。
わたしは、当時、身近でお話した覚えもがない。
Webで写真を見ても甦ってこない。
ガサツな人間は、きっと相手にしてもらえなかったのではないか。

新聞の訃報の紹介によると、
     「明治・大正期のジャーナリズムや
     世相を生き生きと描いたノンフィクション作家」であり、
     2004年に評伝「『食道楽』の人 村井弦斎」でサントリー学芸賞、
     「編集者国木田独歩の時代」で08年に角川財団学芸賞を受けた。
     古書店に通って資料を集め、細部を綿密に描く手腕に定評があった。
     09年から本紙(読売新聞)読書委員を務めていた。
随分活躍されていたんですね。
まったく知らなかった。

追悼の意味で、
さて、何を読ませていただこう。