• HOME
  • >  おっちゃんの「日々こもごも」
文字サイズ
大
中
小

おっちゃんの「日々こもごも」

2010年10月30日

フォークの神様。

筆者:おっちゃん 年少の友達と食事して、帰る道で、
「フォークの神様」の話になった。

やっぱり、ボクが好きなのは、井上陽水で、「フォークの神様」やね。
エッ、フォークの神様って、だれですか、と聞かれたボクは、びっくりして、
あんた知らんのんか、と言ったきり、
言葉に詰まってしまった。

えらいこっちゃ、名前が出てこない。
神様のお名前が。
バチ当たるで。
あわてたら、アカン。こんな時は落ち着いて。
まわりから、外堀から攻めよ。
三上寛、高田渡、加藤和彦・・・近い近い、今にくる。
もうちょっとや、と思ったけれど、全然浮かんでこない。
いや、ボブディランや、もうくるんちゃうか、と思ったけれど、
やっぱり、アカン。

そうや、山谷ブルースや、これ歌ったら、名前がスルスルと出てくるんちゃうか。
話は、タクシーの中にまで持ち越して、
ついにわたしは歌いだす。
「今日の仕事はつらかった
あとは、焼酎をあおるだけ
どうせ、どうせ、山谷のドヤ暮らし
他にやること ありゃしねえ~」
アカン、運転手さん、知りません?
「歌は聴いたことありますが、
歌手の名前は、ちょっと・・・」との返事。

帰って、Webで「フォークの神様」を入れたら、一発や。
響のロック飲んで、ひとりで盛り上がって、
ついでに、来年1月、「フォークの神様」のコンサートを申し込みました。