• HOME
  • >  おっちゃんの「日々こもごも」
文字サイズ
大
中
小

おっちゃんの「日々こもごも」

2010年4月26日

それは、見苦しくないか。

筆者:おっちゃん ずいぶん前に駅の改装で、改札が2階になった。
改札まで上がって、また、ホームに降りることになる。
そのときに、エレベーターがついた。

今朝、改札への階段を上がろうとすると、
中年の男性が駆けてきて、エレベーターに乗り込んだ。
駆ける元気があるなら、階段を上ればいいのに、と余計なことを思った。

若い人でも、じっとエレベーターが来るのを、待っている人がいる。
なんで、二つの足を使わないんだろう、と不思議に思う。

「迷惑をかけられていない」のだから、こっちこそ、気にしなければいい。
ほんとうに、「余計なお世話」だ。
けれど、行動の基準が、「迷惑をかけなければいい」でいいのか。

ぼくらの世代は、
「迷惑をかけない」は最低の基準で、
親から、「見苦しいことをするな」と教えられた。

世の中の行動基準が、「美」から「合理性」へ変わった。
やはり、これは、レベルダウンでっせ・