• HOME
  • >  おっちゃんの「日々こもごも」
文字サイズ
大
中
小

おっちゃんの「日々こもごも」

2010年2月23日

自分が理解できないところがあるから、友なのか。

筆者:おっちゃん 昨日22日が、19日に亡くなった友の前夜式、
今日23日が、告別式だった。
友は洗礼を受けていなかったが、牧師が執り行った。

友のお父さんは人権擁護の活動にも積極的な方で、
高名な牧師さんだった。
昔、山本七平さんが、彼と会った時、
息子と知って、感激されたという話を人づてに聞いたことがある。
しかし、彼は、キリスト教に帰依することもなく、
洗礼を受けていなかった。
彼は、まことに「マイ・ウエイ」の人物だった。

我がままではないが、
自分のしたいこと、できることに誠意を尽くした。
それに、どんな人間でも、
彼の前に立った人の思いを大切にし、期待にこたえようとした。
たとえ、裏切った人であっても、
少し時間をおいて、彼の前に立てば、
職に困っていると聞けば、職探しに走ったのではないか。
それは、わたしなぞには、理解しがたいところだった。

映画『おとうと』の撮影を追いかけた本『山田洋次』で、
その著者・新田匡央さんは書いていた。
       この姉は弟という存在に振り回され、さんざん迷惑をかけられるけれども、
       反対に弟と付き合うことによって得たものがあり、切り捨てていたら味わえ
       なかったことを経験する。その体験こそ、姉の人生にとって大きな意味をも
       つのではないだろうか。
わたしは、この亡くなった友に迷惑をかけられたわけでも、
振り回されたわけでもない。
そういう意味ではなく、
友とは、自分の人生の幅を広げてくれるものだと、
告別式で遺影を見つめながら思った。