• HOME
  • >  おっちゃんの「日々こもごも」
文字サイズ
大
中
小

おっちゃんの「日々こもごも」

2009年12月31日

おっちゃんは、仙人になる。

筆者:おっちゃん 縁起もののにらみ鯛を買いに、デパートに行ってきました。
大晦日恒例、おっちゃんの仕事です。
ときたま強い風が吹くけれど、日差しはゆったり。
清々しい大晦日で、ありがたい。
帰り道、雲の白さが際立つ透明な空を眺めていたら、
「今年で、厄年も終わるのや。」と、しみじみした気分になった。

七五三を終えるまで、こどもは、神さんからの預かりものだ、と言い習わした。
親の名前も呼べないうちになくなる赤ちゃんが、昔は珍しくなかった。
死んだんじゃない、神様の元へ行ったのだ、と、
親の悲しみを少しでも癒す知恵だったかもしれない。
じゃあ、還暦を過ぎたら、どうなるのやろ。

おっちゃんは、めでたく還暦を過ぎ、61歳になった。
この大晦日で、後厄も終わる。
ことしは、フットサルのグランドで、ボールに乗って転倒し、気絶するは、
いの一番にインフルエンザ新型にかかるは、
仕事でも、さまざまに「厄年」の洗礼を受けた。
しかし、古希、米寿などの祝い事はあるが、もう、厄年のことは聞かない。
これで、人生から厄が消える。
まあ、正確には、節分までは後厄だが、すっかり乗り越えた気分。

還暦を過ぎたら、厄もなくなるのか。
人生の憂いから、解放されるのか。
なんでも、かんでも、辛いことも、祝い事になるのか。
うれしいなあ。

ひょっとしたら、七歳までは、神の子で、
61歳過ぎたら、「仙人」になるんちゃうやろか。
そう信じて、
明日元旦、心から、
「おめでとうございます。」と挨拶しよう。

みなさまも、よい年を。