• HOME
  • >  おっちゃんの「日々こもごも」
文字サイズ
大
中
小

おっちゃんの「日々こもごも」

2009年11月30日

北九州戦の収穫。

筆者:おっちゃん ゼルビア、ラストゲームは、1-1の引き分け。
けれど、北九州の試合では、収穫もあった。

ホームゲームのような一方的な試合ではなかった。
攻め込まれる時間の方が長かったけれど、
危ないシーンは少なかった。
後半、しばらくして、勝又がでた。
試合のリズムが変わった。
かわせる、ペナルティー深く切り込める選手は、心強い。
いいゴールシーンも、2回、できた。

敵監督、与那城ジョージが、「7番を削れ」と檄を飛ばしている、と
あとで教えてもらった。
やはり、勝又のスピードは、JFLでは傑出している。
柳崎も復帰した。
ゼルビアの誇る選手の復活を見れたのが、大きな収穫だった。

試合終了後、J2を決めた北九州のセレモニーになった。
ゼルビアの竹中さんや酒井さんたちは、じっと見つめていた。
クルヴァのみなさんもエールを送っていた。
このうらやましい気持ち、
悔しさを共有できたことが、
北九州戦のいちばんの収穫かもしれない。

*それにしても、J2昇格セレモニーが、
3000人強の入場者。ちょっとさびしくないか。