• HOME
  • >  おっちゃんの「日々こもごも」
文字サイズ
大
中
小

おっちゃんの「日々こもごも」

2009年10月29日

トイレ掃除をする会長。

筆者:おっちゃん 昨晩、新宿でご馳走になった。
先週からは、ご馳走になることが多く、
シアワセな日々が続いています。
ご馳走になるシアワセは、4つ。
おいしいものが味わえる。
お金を出してもらえる。
知らない店、知らない味に出合える。
そして、信頼する人の保証付きだから、落胆のリスクが極めて少ない。
こんなうまい話は、おまへんな。

昨晩の彼は、グループ年商500億円以上の社長。
オーナーは会長ですが、人の噂では、彼は後継者と目されている。

おっちゃんもオーナーを存じ上げているのですが、
とても筋の通った方です。
60歳代後半ですが、気骨ある生き方は、
「明治の元勲」のイメージです。

たとえば、その会長は、
いまでも、毎朝6時30分に出勤して、
スーツをTシャツに着替えて、本社ビルのトイレの掃除をする。
会長は、社長のときからの日課となっている。

1時間かけて、社員のこぼしたもの、
こびりついたものを拭く、磨く。
トイレだけは、社員にも、ビルの清掃業者にもさせない。
さぞ、ピカピカきれいになるんでしょうね。

ご馳走してくれた彼が、社長に引き立てられたとき、
彼は、今までの社長の習慣を引き継ごうとしたらしい。
けれど、会長となっても、トイレ掃除は続ける。
「そんなにやりたければ、
お前はグループ会社の掃除をやれ」と言われたらしい。

グループ会社の社長も務める彼は、会長の言葉通り、掃除をしているのか、
会長は、なぜ、トイレの掃除を習慣としているのか、
肝心なことを聞き忘れた。

来週でも、電話して教えてもらおう、
また、ご馳走になりながら。