• HOME
  • >  おっちゃんの「日々こもごも」
文字サイズ
大
中
小

おっちゃんの「日々こもごも」

2009年9月26日

選手に追いつこう!

筆者:おっちゃん 「今季のJ昇格を断念した。」
ゼルビアは、記者会見で報告した。
たとえ、4位以内で終えても、来季の「J」はない。
もう一度、JFLで戦うことになった。

試合の実力だけで、Jには上がれない。
入場者数、スタジアムの設備など、総合力が問われる。
サッカーファンだけでない。
町田中で愛されなければ、Jの資格がない。
Jの厳しさを、いまさらながら感じる。

選手は、無念だろう。悔しいだろう。つらいだろう。
年齢が迫ってきている選手もいるだろう。
まっとうに働きながら、ピッチを駆け回る。
からだも、なにより、気持ちを高めるのが大変だろう。

柳崎は、手術を終えたベッドで、どんな思いで聞いているだろう。
故障中の勝又や白子の思いは、どんなに複雑だろう。
おっちゃんも、少しは内側で応援する立場だから、申し訳ないと思う。

でも、でも、これは、言い訳だが、
もともと、ゼルビアは、選手が先行したチームなんだ。
大友さんや加賀山さんや竹中さんや酒井さんが、引っ張ってきたチームなんだ。
その熱意が守屋さんや、元事務局長の小森さんたちを動かしたのだ。

Jへ本格的に始動するために、株式会社として再スタートして2年弱。
サッカーで言えば、11人ギリギリで戦っているみたいなもの。
その11人も、GKやFWなど、きっと、
専門のポジションも無視したやりくりをしている状態。

フロントを責めてもいいけれど、
どうか、ゼルビアでいっしょにJに上がることを諦めないでほしい。
そして、できれば、北九州の最終戦を終えて、4位以内に入って欲しい。

その上で、リーグを終えたパーティで、
選手一堂並んだ挨拶で、フロントや町田の応援団に檄を飛ばしてください。
「君たちも、早く、選手に追いつくように。」と。

ホンマ、ごめん。